闇金ウシジマくんの杏奈。

 

 

フーゾクくん編(コミックス5巻~7巻)で登場します。

 
スポンサードリンク




 

テレビドラマシーズン1の原作にもなっています。

 

 

フーゾクくん編の杏奈

ウシジマが風俗嬢への貸金回収で現れたホテトル店「エロリン派遣ガール」。

 

杏奈はそこのナンバー2でした。

ws000008

美人なのですが、デブの瑞希にナンバー1の座を奪われています。

 

ウシジマは、杏奈がナンバー2であることを見抜きます。

 

「美人の風俗嬢は人気が出るのも早いが、落ちるのも早い」

 

ウシジマが言うには、美人の風俗嬢は黙っていても客がつくが、そのうち新しく若い女に客は写っていく。チヤホヤされるために美人の風俗嬢は営業努力をしなくなってしまうと言います。

 

そんな杏奈にも彼氏がいます。

 

芳則という男で、さきざきローンという闇金会社で働いています。

 

芳則は、杏奈のことを大事にはしておらず、金がほしくなるとやってきて杏奈に無心していくような男です。

 

しかし、芳則に惚れている杏奈は、別れることが出来ません。

 

風俗の客からも「接客態度悪すぎじゃねーの? モコちゃんにすればよかった」と言われる杏奈。

 

売上をあげるために、ナンバーワンの瑞希に仕事を教えてくれと頼みます。

 

 

瑞希は同僚とかかわらないようにしていたので断りますが、杏奈が家まで押しかけてきてやむを得ず話をするようになります。

ws000007

一方、芳則も職場の先輩から、売り上げが足らないので消費者金融で借りさせられるなどさせられていました。

 

芳則は社長から「よその闇金業者に入社してそこのノウハウと顧客名簿を盗ってこい!」と言われます。

 

やむを得ずカウカウファイナンスに応募する芳則。

 

入社試験をクリアして、ウシジマの会社に潜り込みます。

 

しかし、ウシジマに見抜かれて逆にさきざきローンの顧客名簿を盗まされます。

 

ウシジマから4万5千円を渡されて解雇される芳則。

 

さきざきローンの連中に見つかったらどうなるかわかりません。

 

杏奈を連れて沖縄に逃げようと考える芳則。沖縄では杏奈を風俗で働かせようと考えます。

 

そのころ、杏奈はホストに声をかけられて、仲良くなっていました。

 

スポンサードリンク

ホストは、芳則と別れるように言います。

 

芳則は杏奈に会いに行き、沖縄に逃げようと言います。

 

しかし、杏奈は断ります。

ws000006

杏奈にとっては大きな決断だったと思います。

 

その後、芳則はさきざきローンにつかまり、中国に行って臓器を売るか、杏奈を沖縄の風俗に売るかどちらかを選べと言います。

 

芳則は、「もうこれ以上杏奈を不幸にしたくない」と言って中国へ行くことを選びます。

 

一方、さきざきローンの連中は、杏奈のもとを訪れ、「芳則が杏奈を守って中国へ行く」「助けられるのはお前しかいない」と告げます。

 

杏奈は、芳則が自分を守ろうとしたと聞いて沖縄行を決めます。

 

ここまでがフーゾクくん編の杏奈の話でした。

 

逃亡者くん編(沖縄での杏奈)

 

その後、杏奈は逃亡者くん編で再び登場します。

 

ウシジマやハブ組を裏切って、沖縄に逃亡していたマサル。

 

そこでデリヘル譲のノドカと知り合い、惚れてしまいます。

 

このときノドカの風俗店の同僚として働いていたのが杏奈です。

ws000004

杏奈はノドカを東京に誘いますが、マサルはそれを止めます。

 

「私が沖縄でどんだけの地獄だったか想像できる?」と言う杏奈。

 

沖縄でも大変な思いをしたのでしょうね。

 

ws000005

結局、杏奈はあきらめて東京に帰る事にします。

 

帰っていく杏奈は寂しそうでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
スポンサードリンク