闇金ウシジマくんに登場する杏奈。

 

フーゾクくん編(コミックス5巻から7巻)に出てきます。

 
スポンサードリンク




テレビドラマでは、横山美雪さんが演じています。

 

杏奈

 

杏奈はホテヘル店「エロリン派遣ガール」(テレビドラマではエロリアーノ)で働く風俗嬢です。

 

美人なのですが、店の売り上げはナンバー2で、ナンバー1は瑞希という女の子です。

 

もともと杏奈は美人で人気があったのですが、その分客に対するサービスに行き届かないところがあり、人気が落ちてきていたのです。

 

杏奈には、芳則という彼氏に惚れているのですが、芳則はあまり杏奈のところに寄り付きません。

 

ある日、杏奈は客に態度が悪すぎると言われます。

 

「モコちゃんにすればよかった」

 

その客はモコは一生懸命サービスしてくれるが、杏奈は美人だからって調子にのっていてサービスも手抜きだと言います。

 

杏奈は、自分の状況に気づき、ナンバー1の瑞希に「どうやったら売れるのか教えて」とお願いに行きます。

 

一旦は瑞希に断られる杏奈ですが、店の名簿をのぞき見して瑞希の住所を調べます。

 

夜中に瑞希の家の前におしかけて居座り、瑞希も根負けして二人で食事に行きます。

 

 

瑞希は杏奈に考えが甘いと告げます。

 

 

接客態度を改める杏奈。

 

他方で、彼氏の芳則からは、金をせびられて、暴力を受けたりしています。

 

しかし、杏奈は気持ちの面で容易に芳則から離れられません。

 

あるとき街でナンパされたホストと親しくなり、芳則と関係を断つように言われます。

 

杏奈はその後、芳則にきっぱりと別れを告げて関係を断ちます。

 

しかし、フーゾクくん編の最後では、芳則が自分のために中国へ売られて行ったと聞いて、芳則のために沖縄の風俗で働くことを決めます。

 

 

逃亡者くん編の杏奈

 

その後杏奈は逃亡者くん編で再び登場します。

 

スポンサードリンク

どれくらい時間が経っているのかわかりませんが、洗脳くん編も挟んでおり(このときはまゆみが6年の懲役に行き釈放されていますのでそれなりの時間が流れています)、6年以上は時間が立っていると思われます。

 

そうすると杏奈ももう30前後、あるいはもっと年をとっているかもしれません。

 

逃亡者くん編では、ウシジマを裏切ったマサルが沖縄に逃れて闇金業者のもとで働いています。

 

そこでマサルはデリヘル譲のノドカと知り合い、惚れて行きます。

 

杏奈はそのデリヘル店で働いていました。

ws000033

杏奈はそこで客に言われてスカトロプレイもしているようです。

 

杏奈はノドカを誘って飲みに行きます。

 

ノドカ「杏奈ちゃん、パンツ見えてる。」

 

杏奈「見せてるのだー。」

 

杏奈はノドカに昔は男に貢いで大変な思いもしたけど今はすごく貯金していると言います。

 

杏奈はノドカに東京に行かないか、店は紹介すると言います。

 

揺れるノドカ。

ws000034

 

マサルはノドカに会いに来て、その場に杏奈も居合わせます。

 

東京に行くかも、というノドカにマサルは杏奈がやさしいのは東京の店に紹介すればキックバックが入るからだと言います。

 

マサル「おい、ノドカに関わんじゃねーよ。杏奈!」

 

杏奈は「私が沖縄でどんだけの地獄だったか想像できる?」とマサルに言います。

 

その後、マサルはウシジマに拉致されます。

 

杏奈はさらにノドカを東京に誘いますが、結局誘うのをやめて一人で東京に帰ると言います。

 

多分杏奈は東京に戻ったのだと思われます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 
スポンサードリンク