闇金ウシジマくんに出てくる獏木(ばくき)。

 

初登場は「中年会社員くん編」(コミックス29巻)です。

 

その後、フリーエージェントくん編(コミックス30巻~32巻)からヤクザくん編(コミックス33巻から36巻)にかけても登場します。

 

当初は、かなり危険な人物に見えましたがヤクザくん編では周りが強烈なキャラが多いせいかどちらかというと小物として登場していました。

 

スポンサードリンク



 

中年会社員くん編

 

中年会社員くん編では、会社員の加茂が主人公として登場します。

 

加茂は、家のポストに犬の糞を入れられたり、玄関前にカラスの死骸がおかれているなどの嫌がらせを受けていました。

 

これを同じ会社の曽我部がやっていると考えた加茂は、ウシジマから金を借りて曽我部に渡します。

 

しかし、これは加茂が過去に借りて放っておいた闇金の嫌がらせでした。

 

獏木はその闇金から依頼を受けて加茂に嫌がらせをしていたのです。

金髪の髪を撫でつけて腕にはびっしりと刺青が入っています。

 

加茂がその後も電話に出ないため闇金業者は獏木に加茂の足を折るように依頼します。

 

獏木は加茂を拉致して油をかけて火をつけます。

 

獏木は加茂の右足を折って、400万円持ってくるように言います。

 

加茂は金策に困ってウシジマから金を借りようとします。

 

ウシジマは加茂から話の経緯を聞いて、相手から金を奪おうと考えます。

 

獏木との待ち合わせ場所に赴くウシジマ。

 

このとき獏木はハブの話をします。

 

ハブは楽園くん編(コミックス16巻から17巻)でウシジマが殴ったヤクザです。

 

「もうじきシャバに戻ってきたら、ハブさんがお前を殺すってよ。」

 

獏木はハブと繋がっているということがここでわかります。

 

獏木はバットスイングでウシジマを攻撃しますが、ウシジマはかわします。

 

そして、懐中電灯で獏木の目をくらませてペンで耳をついて倒します。

ウシジマはまんまと金を奪って立ち去ります。

 

スポンサードリンク

そして、その後、獏木はウシジマをつけ狙っていた肉蝮に右目をつぶされてしまいます。

 

肉蝮「なあ。俺とウシジマどっちが強え?」

 

フリーエージェントくん編からヤクザくん編

 

フリーエージェントくん編のラストでは、マサルがカリベーたちから金を回収します。

 

カリベー他のメンバーはヤンキーくん編でマサルを殺そうとした愛沢と行動を共にしていました。

 

マサルは無慈悲にもカリベーたちのアキレス腱を切断します。

 

このとき、マサルと組んでいたのは獏木でした。

マサルはウシジマを裏切ってハブ側に寝返っていました。

 

そして、ヤクザくん編では、獏木はハブ側の子分として活動します。

 

兄貴分の井森と家守から「テメエウシジマんとこの人間とツルんでるらしいな」と言われてパチンコでやられる獏木。

 

その後はハブと行動を共にしてウシジマを拉致しに行きます。

このときは、ウシジマを匿おうとして現れた滑川たちとハブたちが衝突します。

 

獏木は拳銃を発射して滑川の子分の鳶田を撃ちました。

弾は飛田の頭蓋骨と皮膚の間に入り、一回転します。

 

その後、手打ちのために熊倉がハブを呼び出しますが、獏木はハブのボディーガードとしてハブに付き添っていきます。

 

そして、ハブは、熊倉を拉致して拷問にかけウシジマの居場所を聞き出します。

 

そして、獏木はハブに付き添ってウシジマのところへ向かいます。

 

一方、ウシジマは、加納を助けるためにすでに入れ違いでハブのアジトに向かっていました。

 

結局ウシジマはハブのアジトで戻ってきたハブをガソリンを爆発させて殺そうとします。

 

炎に包まれるハブ。

 

獏木は、消化器でハブの火を消そうとしますが、消火器はウシジマが火炎放射器に改造していました。

 

ハブは焼け死んだと思われ、ウシジマは獏木を射殺します。

獏木はそこで死んだと思われます。

 

ウシジマはヤクザを殺したことでこの後の逃亡者くん編、さらには最終章へと繋がっていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク