闇金ウシジマくんの出会いカフェくん編のネタバレです。

 

コミックスでは、13巻です。(13巻だけで完結しますのでキリがいいです)。

 

映画パート1では大島優子さんが演じていました。

 

以下、あらすじ、ネタバレです。

 

スポンサードリンク




鈴木美來(ミコ)は高校を卒業したが、就職も進学せず、週末の母親が働いているスナックでバイトしている程度。

ws000041

母親は、パチンコにはまっていて借金をしている。

 

ある日、ミコが家に帰ってくるとウシジマが家の前に座っている。

 

ウシジマは、母親の借金の利息分3万円をミコから回収していく。

 

金に困ったミコは、高校の同級生のフユミに連れられて出会いカフェに行く。

 

ミコは出会いカフェで、食事だけの男性を相手にして金を稼ぐようになる。

 

売春は断っているが、客の男性によっては、露骨にバカにした態度を取られることもある。

 

そんなある日、幼馴染のアキトから電話がかかってくる。アキトが言うには、ミコの元カレの「JP」が少年院から出所している、ということだった。

 

JPは、女子中学生を使って美人局をしていたが、相手の男性が逃げようとしたのを半殺しにして少年院に入っていたのだった。

 

少年院を出所したJPは、チクった仲間を探していて、アキトとミコを疑っているということだった。

ws000040

 

その夜、母親が帰ってきて、働いているスナックが来月つぶれることになったと聞かされるミコ。母親は、ミコに風俗で働くように勧めてくる。

 

ミコは、出会いカフェで短時間で客を連れ出して金を稼ぐようになり、JPが怖くて家にも帰らなくなっていく。

 

スポンサードリンク

JPは、アキトの家に現れる。JPはアキトにミコを呼べと言うが電話がつながらない。偶然出会ったフユミと3人で行動するが、JPは先輩から呼び出しのメールが来て、アキトとフユミをコンテナの中に閉じ込める。

 

JPを呼び出した先輩は、別件がJPが拷問したホストについて3000万円を払うか、暴力団に入るかどちらかにしろと言ってくる。

 

JPは、金を用意すると言う。そして、JPはアキトの携帯でミコと連絡を取り、歌舞伎町でミコに会う。

 

ミコに3000万円用意しろと言うJP。

 

ミコは出会いカフェであった男「K」を思い出し連絡する。Kは最近まで派遣労働者だったが、ある勝負に勝って大金を手に入れたと言っていたのだ。

 

Kは、JPとミコを高級ホテルの一室に案内する。

 

そこにはマスクをかぶった4人の男がいた。

ws000039

男たちは金融資産50億以上を保有している富裕層の4人組だった。

 

ミコは負けたら見ず知らずの人間の代理母になり、JPは目を焼かれることで3000万円の勝負にでる。

 

2時間以内に20万円を借りれればミコたちの勝ちと言うゲームだった。

 

ミコはウシジマと2人の友人にメールを送る。ウシジマは5万までなら貸すと言うが、友人二人は貸さないと言う。

 

ミコはJPからアキトの居場所を聞き出し、Kを向かせて金を借りさせようとする。

 

コンテナを開けに行くK。中ではアキトとフユミが倒れており、アキトは暑さで気を失っていた。

ws000038

 

フユミにかけるミコ。

 

フユミは自分が妊娠した時のことを考えて、利息付きでミコに20万円貸すことを承諾する。

 

しかし、富裕層4人組は、アキトのために救急車を呼ばれることを嫌って勝負を無効にしてその場を立ち去る。

 

 

 

JPは、4人組をおいかけ、ナイフで刺して再び少年院に入ることになる。

 

その後、出会いカフェで稼ぐことをやめたミコは、ファミレスでバイトした金でウシジマへの借金を完済する。

 

ミコはファミレスでバイトして、「お金を稼ぐのがすごく大変」だということを学んだとアキトに話す。

 

自転車に乗ったアキトとミコが住宅街を走るところで終わり。

ws000037

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク