闇金ウシジマくんの楽園くん編(コミックス16巻から17巻)では、G10(ゴト)というキャラクターが出てきます。

 

 

G10は、楽園くん編の主人公である中田広道を操って最終的にはカネを持ち逃げしようとします。

 

 

 

テレビドラマシーズン2では、楽園くん編が原作に使われており、G10役は、藤本涼さんという俳優が演じています。

スポンサードリンク



 

G10

ファッション雑誌デザートで選ばれるカリスマモデル「オサレエンペラー」。

 

G10は、そのオサレエンペラーの一人です。

 

かっこよかったり、意味不明な発言をしたりしてカリスマ性を発揮し、オサレエンペラーに憧れる中田を操っていきます。

当初中田は、G10から靴を売ってもらうことを約束していました。

 

G10は途中で、金がないなら他の奴に靴を売る、と言ってきます。

 

中田が待ってくれと言うと、G10は高級な自転車のリストを渡して盗んでくることを指示します。

 

中田は、犯罪に手を出すようになり靴をG10から売ってもらいます。

 

その後も金がない中田は、G10に言われた自転車を盗んで金を稼ぐようになります。

 

さらに金が欲しかった中田は、G10から言われて怪しげなブツを運ぶ仕事もするようになります。

 

これは、G10の背後にいるヤクザ・ハブがやっている覚せい剤の密売関係の仕事でした。

中田は、さらに金がほしいといい、G10は、今度は覚せい剤の密売人をするように言ってきます。

 

スポンサードリンク

 

ハブから覚せい剤を受け取って売りさばく中田。

 

最終的に、G10は、中田に「ハブに2000万円出資してもらい、一緒にショップをやろう」と持ち掛けてきます。

 

しかし、G10はこの2000万円を持ち逃げして中田はハブに拉致されます。

 

「テメエ、ゴトウ(G10のこと)とつるんでハナっからオレをガジる気でいたろ?」

 

「2千万とゴトウはどこだ? 正直にうたえば命だけはとらねえでやる。」

 

このとき、ウシジマは中田に「喋ったら終わりだぞ」と言い、ハブを怒らせます。

 

ハブから挑発されて殴り返すウシジマ。

 

最終的には、中田はルームメイトの助けを借りてハブの拘束から逃れます。

一方、ハブの手下はG10の女の家で航空券を発券します。

 

「ゴトウの奴、どうやら女と逃げようとしてるみたいですね。明朝7時のカナダ行きの便です。」

 

翌朝、ハブは空港でカナダへ出国しようとしていたG10の身柄を確保します。

 

そして、ハブはG10を殺して山に埋めます。

G10について

G10は、何を考えているのかよくわからないキャラクターでした。

 

ファッションセンスも独特で、いつもハットにサングラスです。

 

でも、その生き方は常識外れたところがあり、不思議な魅力のあるキャラクターでした。

 

逆モヒカンになったり、朝の公園で裸になって池に入ったり、いつも変な喋り方をして最終的にはカネを盗んでカナダへ逃亡しようとしていました。

 

ハブのことも「ハブリーナ」と呼んでいました。

 

度胸はすごいですね。

 

ハブにつかまったときも特に怖がっている様子はありませんでした。

「楽園。それはAZEMICHIを抜けた極光。一瞬の輝きに一生を捧げても届かない。」

 

ハブはこれに対して「ごめん。全然意味わかんねーや。」と言っていました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク