闇金ウシジマくんの「復讐くん」編のネタバレです。

 

「牛島」くんの表記は正しくは「ウシジマ」もしくは「丑嶋」ですね。

 

復讐くん編はフリーエージェントくん編とヤクザくん編の間にあるエピソードで「ヤクザくん編」の前段階のような役割になっています。

 

ここからマンガは債務者側からはっきりとウシジマ側のエピソードへ転換していきます。

 
スポンサードリンク



復讐くん編 前編

 

フリーエージェントくん編の主人公だった村上仁。

 

天生翔のネットビジネスからは離れて、田舎で新しいビジネスを起こそうとしていました。

 

 

そこにマサルから電話がかかって来ます。

 

マサルは村上を飲みに誘いますが、東京を離れている仁は断ります。

 

マサルの様子を心配する村上。

 

マサルは「俺は一つ上にあがる。乗り越えるべき壁があんだ。」と言います。

マサルは、柄崎とウシジマと一緒にいて愛想よく話していますが、何か腹があるようです。

 

一方どこかのファミリーレストランで。

 

ヤクザの二人が話しています。

 

話の内容は、熊倉が鼓舞羅に襲われたという話です(元ホストくん編コミックス23巻)。

 

「鼓舞羅とかいうチンピラだっけ? 今頃どっかの山の中に埋まってるんだろうな」

 

二人は、鼓舞羅が投資詐欺で数億円集めていたという話をし、その金がどこに行ったか話します。

 

「今頃、猪背組の金庫に収まってんだろ?」

 

「いや、猪背組と鼓舞羅は全く面識がなかったそうだぜ、兄弟。俺はよ、その場に居合わせた他の人間に用があったんじゃねーかって推理してんだよ。」

 

男はウシジマの話を始めます。

「ハブの兄貴をぶっ飛ばしてくれたあのウシジマか、、、」

 

二人のヤクザの横にたっている若者は、、、、、獏木です(中年会社員くん編コミックス29巻)。

 

獏木は中年会社員くん編でウシジマにやられ、肉蝮に目をつぶされています。

 

そして、マサルと獏木が二人で話しているシーン。

 

「マサルくん。ウシジマともう一人殺してえ人間がいる。肉蝮だ。」

 

 

スポンサードリンク

 

復讐くん編 後編

 

どこかのラブホテルにいるマサル。

 

女と話しています。

 

「なあ、お前のダチのまいたんからきいたんだけどさ、ヤベーのにつきまとわれて大変だったらしーな」

 

女は、地元で有名なレイプ魔にレイプされていたという言います。

「家が近所だったから毎晩家にやってきてお尻の穴犯されたんで痛くて痛くて泣きそうでした。」

 

女は家出したが、いまだにその男からメールが来るといいます。

 

マサルは女がシャワーに入った隙に、女の携帯でその男にメールをして呼び出します。

 

相手は肉蝮です。

 

 

そして、刑務所の前の場面。

 

ハブが出所してきます。

 

獏木とファミレスで話していた二人のヤクザが迎えに来ています。

 

帰りの車の中でハブは言います「ウシジマを殺す」

 

 

そして、深夜の公園にやってきた肉蝮。

 

ブランコの周りに設置されている鉄パイプの枠を地中の土台ごと引き抜きます。

 

「うおりゃあああ」

 

マサルが現れ、肉蝮に話しかけます。

 

「ウシジマが憎たらしいんでしょ? 肉蝮さん。俺と一緒にウシジマをぶっ潰しませんか?」

 

おわり。

 

まとめ

 

マサルは向上心と母親を侮辱されたこと(マサルの母親はウシジマにデリヘルに売られそうになっていました。コミックス2巻)からウシジマを潰して上に行こうとしています。

そして、ウシジマに殴られたことで恨みを持つハブ(楽園くん編コミックス16巻から17巻)。ウシジマが持っている億単位の金も狙っているようです。

 

ウシジマにやられて恨みを持つ獏木。獏木は肉蝮にも恨みを持っています。

 

そして、ウシジマに恨みを持っている肉蝮(ギャル汚くん編コミックス4巻から5巻)。

 

つまり、ハブ、獏木、肉蝮、マサルとウシジマに恨みを持つメンバーが集まってきています。

 

ここからつながっていくヤクザくん編以降もこれまでにない緊張感が加わって面白いです。

 

マサルが肉蝮がレイプしていた女について「まいたん」から聞いたと言っていたのは、ギャル汚くん編に出てきたまいたんなのですかね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク