闇金ウシジマくんの「復讐くん編」のネタバレです。

 

コミックスでは32巻に収録されています。

 

2話だけの話で、「ヤクザくん編」への前ふりになっています。

 

スポンサードリンク




以下ネタバレです。

 

フリーエージェントくん編で天生塾を生き延びた村上仁。

 

田舎で起業したところに、マサルから電話がかかって来ます。

 

飲みに誘われる仁ですが、東京にいないということで断ります。

 

マサルは、「俺は一つ上にあがる。乗り越えるべき壁があんだ」と言います。

 

ws000027

 

 

どこかのファミレスで、、、、

 

 

ヤクザが話をしています。

 

話の内容は、猪背組の熊倉が鼓舞羅という半グレに襲われたこと、、、

鼓舞羅は殺されたらしいがその前に集めていた3億円の金がきえたこと、、、

 

 

ヤクザたちは、その3億円を丑嶋が持っていると踏んでいるようです。

ws000026

そのやくざの横に立っている舎弟は、、、獏木です(中年会社員くん編参照)。

 

「灰皿換えんかい、ボケっ!!」

 

獏木「はい!」

獏木は肉蝮にやられた目に眼帯をしています。

 

やくざ「間違いなく今月中には、相手を殺すよなあ、獏木?」

 

 

 

獏木とマサルが路上で話をしている。

 

獏木「マサルくん、、、、丑嶋ともう一人殺してえ人間がいる。、、、肉蝮だ。」

ws000025

 

 

ここまでが前編。

 

スポンサードリンク

 

後編。

デリヘル嬢をホテルに呼んだマサル。

 

どうもそのデリヘル嬢は、肉蝮がストーカーしていた相手のようです。

 

マサルは、デリヘル嬢が、シャワーを浴びている間に携帯から肉蝮にメールします。

 

「明日の12時に三丁目の砂山公園で待っています」

 

、、、ところ変わって刑務所の出口。

 

釈放されてきたハブを迎える3人。

 

「おつとめご苦労様でした!」

ws000024

3人は、獏木とファミレスで話していたヤクザです。

 

ヤクザは、井森と家守という名前です。

 

一方、夜の公園では肉蝮がすっぽかされたと言って怒っています。

 

 

肉蝮は公園の鉄柱を地面から引き抜いて、走っている自動車に投げつけます。

 

電柱にぶつかって止まる車。

 

肉蝮「おい、終電逃した!この車かタクシー代ちょうだい!」

 

そこにマサルが現れます。

 

「派手だなー。オレがタクシー代くらい出すよ。」

 

肉蝮「あ!?てめえがオレをはめやがったな!? 何人だ!? 全員ぶち殺してやる!!」

 

マサル「俺一人ですよ。あんたに協力しようと思って話に来たんですよ」

 

肉蝮「協力? 何を?」

ws000023

マサル「丑嶋が憎たらしいんでしょ? 肉蝮さん。俺と一緒にウシジマをぶっ潰しませんか!?」

 

おわり。

 

 

復讐くん編はこれで終わりです。

 

マサルが丑嶋を裏切るヤクザくん編の前ふりになっています。

 

マサルは母親のこともあり、丑嶋を恨んでいて、ハブも殴られて丑嶋を恨んでいます。

肉蝮も一度やられて丑嶋を憎んでおり、獏木は丑嶋と肉蝮を恨んでいて、、、

 

丑嶋もかなり恨みを買っていますね。

 

 

マサルはうまく周りを利用して丑嶋に復讐し、一歩上の立場を目指しているようですが、これだけの危険人物たちを上手く回してそううまくいくようには見えませんね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク