宇津井優一は35歳、実家で暮らしながらフリーターをしている。

 

仕事は派遣の肉体労働が主で行ったり行かなかったり。

 

パチスロにはまっていて消費者金融に200万円の借金がある。

 
スポンサードリンク




バイト代が入ると、仕事を休んですぐにパチスロをして金を失ってしまうことを繰り返している。

 

優一自身、やめるべきだとわかっていながらパチスロに行くのをやめられない。

ws000019

優一の父親はスーパーの会社で働いていたが、早期退職して今は無職。

 

一方、母親の美津子は、夫に内緒で株の信用取引に手を出していて、追証が必要になったためにカウカウファイナンスを訪れ、ウシジマから20万円を借りる(借用書は50万円)。

 

株はさらに値下がりする。美津子は更なる追証を得るために、再びウシジマから借金する。

 

その際、ウシジマは、知人の樺谷と組んで、巨魂テクノロジーという会社の株を買わせる。しかし、実際には樺谷たちは、巨魂テクノロジーの社長が逮捕される情報を察知しており、株を買わずに美津子からさらに金を搾り取ろうと画策している。

 

一方、優一は出会い系サイトで会った女と割り切りで会い、パチスロも日雇いもやめて就職してやりなおそうと決意する。

 

しかし、就職情報誌をみながらも電話をかけることができず、また明日にしようということになってしまう。

 

そして、巨魂テクノロジーの株が、暴落し美津子の借金は夫にばれてしまう。

 

夫と喧嘩し、それを見て壁を殴る優一。

ws000018

住宅ローンの支払いが滞ったことから、銀行からは、家を売るように言われる。

 

美津子は兄弟に金を借りに行くが、誰も貸してくれない。

 

美津子は、母親を引き取って母親の家を売ることにするが、借金の返済には足りない。

 

しかも、銀行預金の1400万円が銀行に差し押さえられてしまう。

 

スポンサードリンク

 

家を売却することになり、出て行くように言われた優一は美津子にグラスを投げてケガをさせ、家を出る。

 

優一は、当初はマンガ喫茶に泊まっていたが、その後ゲストハウスに移る。

 

しかし、引越のバイト中に腰を痛めた優一はゲストハウスにもいれなくなり、公園の炊き出しをもらって、ボランティアが用意したテントで宿泊したりする。

ws000017

ホームレスとなった優一は、しばらくして自宅に電話する。母親が倒れて入院していると聞いた優一は急いで病院へ向かう。

 

両親に再開した優一は、やり直すことにして、弁護士に破産手続きを依頼する。

 

そして、母親がウシジマに返済を続けているのを見た優一は、ウシジマに自分が返済をすると言い放つ。

 

優一は介護の仕事をはじめ、真面目に働いてウシジマへの返済を続ける。

 

 

(人生にはそこらじゅうに落とし穴があいている。ちょっとした穴に見えても実際、深すぎて一度落ちたら上がれない。)

 

(誰かが手を差し伸べてくれたら、簡単に這い上がれる程度の穴なのかもしれない)

 

優一が家族と鍋を囲み、夜勤のバイトに行くために自転車に乗ろうとして家族の笑い後を聞くシーンでフリーターくん編は終わります。

ws000016

【感想】

終わり方が、ウシジマくんには珍しくハッピーエンド風でしたね。

でも、中で優一と両親が経験する話は、悲惨なものでした。

パチンコがやめれなかったり、投資に手を出して破滅してしまうと言う気持ちは本当にリアルですね。気持ちはよく分かります。私も気を付けたいものです。

 

 

あと、優一のような人はやっぱりちょっとした手助けで変わるということはないと思います。

優一もそうですが、本人が本当につらい思いをするなどして気持ちが切り替わらないと手助けも意味がないように思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサードリンク