板橋は、闇金ウシジマくんのサラリーマンくん編に出てくるキャラクターです。

 

コミックスでは、10巻~12巻です。

 
スポンサードリンク



サラリーマンくん編の主人公小堀。

 

医療機器の営業をしていて、医師に対して営業をする仕事です。

 

板橋も同じ仕事をしている小堀の同僚です。

ws000060

小堀は真面目に働いているのですが、上司や医師や妻からと、さんざんに罵倒されて、大変なストレスを抱えて生活しています。

 

これを破滅させていく役割が板橋です。

 

小堀は本音で話せる同僚は板橋だけなのですが、二人で飲みに行って、板橋は小堀を闇スロに誘います。

 

 

小堀は一旦は断るのですが、その後、板橋と一緒に闇スロに行ってしまいます。

 

そこで二人とも勝ったことから、板橋は今度は小堀を出会いカフェに誘います。

 

 

板橋に悪い遊びを教えてもらっていく小堀。

 

板橋自身も仕事では、窓際族のようになっていて相当ストレスを抱えています。

 

コンビニでレジに並んだ際には前の女性がもたついたために脅しつけたりします。

ws000055

しかし、コンビニの店員にたしなめられるとビビッてすぐ引き下がります。

 

さらに小堀から金を借りたり、食事をおごってもらう板橋。

 

挙句の果てには、ウシジマが板橋に回収に来たところに居合わせて利息を小堀に払わせたりします。

 

家の電気も止められた板橋。

 

ウシジマから誘われた名義貸しの怪しい話に乗ります。

 

名義貸しの話でウシジマから金をもらった板橋。

 

闇スロに行って、出会いカフェで女を買います。

 

 

ある日小堀が家に帰ると板橋が家に来ていました。

 

板橋は小堀の妻に家にあげてもらっていたのです。

 

 

板橋の帰りを送っていく小堀。

 

板橋は、小堀にまた金を貸してくれと言います。

 

スポンサードリンク

小堀は、有り金を板橋に渡します。

 

そして小堀は、板橋にもう電話もしてくるな、と告げます。

ws000059

その金で女を買い、闇スロに行く板橋。

 

負けてしまって翌日にはウシジマに更なる融資を頼みます。

 

ウシジマは今度は、起業資金を借りる詐欺を板橋にやらせます。

 

 

その際連帯保証人が必要だと言われる板橋。

 

小堀の家に上がり込んで小堀の実印と通帳を盗み出します。

 

小堀を連帯保証人にするのですが、連帯保証人の面接を他の人に頼む板橋。

 

結局、その男からも詐欺のことを突っ込まれて脅されるようになります。

 

ストレスで爆発した板橋は、電車の遅延について駅員に絡んでいきます。

ws000056

その後、、、、

 

起業資金の詐欺ルートは、ウシジマがヤクザの它貫(タヌキ)から紹介されていたものでしたが、板橋が返済を一度もしなかったためにルートが潰れてしまいます。

ws000058

 

怒った它貫は、板橋が医療メーカーに勤務しているということで、医療メーカーに詐欺取引をさせて金を稼ごうとします。

 

 

しかし、板橋を拉致してきたところ、すでに板橋は会社を退職していました。

 

さらにキレる它貫。

 

ウシジマは、板橋に小堀を使って医療メーカー詐欺をさせるように持ち掛けます。

 

夜の公園で会う小堀と板橋。

 

板橋は小堀に、「俺のコト、怒ってないの?」と聞きます。

 

 

小堀は、「もういいよ。お前も大変だったんだろ」と言います。

 

 

板橋は、詐欺の話はせずに小堀と別れます。

 

「これ以上、自分を嫌いになりたくない。」

ws000057

そして、板橋はウシジマたちにつれられてどこかに売られて行きました。

 

 

ここまで板橋の話です。

 

 

板橋は、ウシジマ君の中に出てくる中でも指折りのクズですが、最後は男らしく去っていきました。

 

また、板橋は無茶苦茶な奴ですが、彼が抱えていた苦悩というのは多くの人にも共通するものですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク