闇金ウシジマくんのサラリーマンくん編(コミックス10巻~12巻)。

 
スポンサードリンク



主人公小堀の友人として板橋は登場します。

ws000023

テレビドラマシーズン1でもサラリーマンくん編は原作として取り上げられており、板橋は山中崇さんが演じています。

ws000024

 

 

サラリーマンくん編のあらすじ

医療機器メーカーで営業として働く小堀。

 

上司には小言を言われ、お客さんである医師からも文句を言われ、家に帰れば奥さんからも文句を言われ、お金もほとんどない、というかわいそうな生活を送っています。

 

小堀には、同僚で別の営業所に勤めている板橋という友人がいました。

 

ある日、小堀は板橋に電話して愚痴をこぼします。

 

板橋は「今日、俺に付き合えよ!」といって二人は仕事の後に会います。

 

板橋は、小堀を闇スロの店に連れて行きます。

ws000025

 

普通のパチンコ屋の2.5倍のレートの闇スロ店。

 

コインは1枚50円です。

 

そのときは、たまたま二人とも勝ちます。

 

板橋は、今度は小堀を出会いカフェに連れて行きます。

ws000026

 

そのころ板橋は職場でのけ者にされて嫌がらせを受けていました。

 

仕事を何も与えられずただ座っておくだけの日々。

ws000027

 

ストレスのたまっている板橋はコンビニのレジで前に並んでいる女性に絡みます。

 

このときは、コンビニの店員に文句をいわれてすぐ黙ってしまいました。

 

板橋はカウカウファイナンスから借金をしており、小堀から金を借りて返そうとします。

 

ウシジマの取り立てに居合わせてしまった小堀は板橋の借金を立て替えます。

 

板橋は家の電気も止められてしまい、ウシジマのもうけ話に乗ることにします。

 

これは、板橋の名義で部屋を借りて家賃を板橋が振り込んでいくというものでした。

 

報酬として10万円もらった板橋でしたが、闇スロや競馬ですぐに使ってしまいます。

ws000028

 

その後、板橋は借金が返せず再び小堀に金を無心しに行きます。

 

小堀は、自宅に来た板橋に個人の全財産9万円を渡して、

スポンサードリンク

 

「これで終わりだ。電話もしてくるな。」

 

と板橋に通告します。

 

しかし、板橋は、小堀を逆恨みします。

 

「こっちは9万円分の劣等感を押し付けられたんだ!」

ws000029

 

金が返せない板橋にウシジマはさらなる仕事をもちかけます。

 

これは、事業資金として金を借りると言う詐欺でした。

 

保証人が必要と言われ小堀を保証人にする板橋。

 

しかし、小堀とは縁を切られていますし、実印がありません。

 

板橋は小堀のいない間に家に上がり込み、通帳と実印を盗み出します。

 

さらに小堀役の別人(蛭谷)を用意して事業資金を借りる詐欺をします。

 

しかし、蛭谷からは詐欺を理由に逆に恐喝されるようになります。

 

借金に加えて蛭谷からも恐喝される板橋。

 

駅員にも絡んでいきます。

ws000030

その後、板橋のせいで事業資金を借りる詐欺ルートが使えなくなってしまいます。

 

これはウシジマのバックにいた它貫というヤクザのルートでした。

 

儲けルートをつぶされた它貫は怒りますが、板橋が医療機器メーカーに勤めているということで、板橋を使った取り込み詐欺をさせようとします。

ws000031

 

しかし、板橋はすでに会社をやめていました。

 

激怒する它貫。

 

ウシジマは最後のチャンスとして、板橋に「小堀に話つけて、取り込み詐欺に協力させろ」と言います。

 

 

「それしかあんたが助かる方法はねえ」

 

 

夜の公園に小堀を呼び出した板橋。

 

小堀から縁を切られて以来でした。

ws000033

板橋は小堀に怒っていないかと聞きます。

 

しかし、小堀は「もういいよ。お前も大変だったんだろう?」

 

と言ってくれます。

 

板橋は取り込み詐欺の話はせずに小堀と別れます。

ws000034

 

板橋は「これ以上自分を嫌いになりたくない」と言ってウシジマに連れられて行きます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク