闇金ウシジマくんのサラリーマンくん編では、主人公の小堀の同僚友人として板橋という男が登場します。

 

板橋は、どうしようもないキャラクターがたくさん登場するウシジマくんの中でも特にひどいキャラクターでしたね。

 

板橋は、最終的には借金を払うことができず、ウシジマに連れられてどこかに売られたようです。

 

スポンサードリンク



これはロシアンマフィアのルートで漁船に乗せられて重労働をさせられ、働けなくなったら海に捨てられるというもののようです。

 

サラリーマンくん編あらすじ

サラリーマンくん編(コミックス10巻から12巻)では、医療機器の営業職をしている小堀という男性が主人公として登場します。

小堀は、上司に嫌味を言われ、顧客である医者からは無視され、後輩営業マンからも文句を言われ、家に帰れば奥さんに文句を言われたりしています。

 

そして、子どももいる小堀の収入は生活するのにギリギリのようです。数十円単位で昼食を節約していたりします。

 

そんな中、小堀が気を許して話せるのは同僚の板橋だけでした。

 

板橋と飲みにった小堀は、板橋に誘われて闇スロットや出会いカフェに行くことを覚えて行きます。

 

板橋の方は、職場では仕事を与えられずにいじめられていました。

 

そして、ウシジマのカウカウファイナンスから金を借りて返せなくなり、小堀に金を借りて返したり、食事代その他を小堀にたかったりするようになります。

 

返済に窮した板橋は、ウシジマに名義を貸してマンションを借りる違法行為をしたりしますが、それで得た金もすぐに使ってしまいます。

 

小堀からも金を渡されて「もう連絡してくるな」と言われて縁を切られてしまいます。

 

ウシジマはカネの返せない板橋に信用金庫から起業資金を借りる詐欺をさせることにします。

 

これは、ウシジマの背後にいる它貫というヤクザが絵を描いているもので、信用金庫の融資係もグルになっていました。

 

この起業資金詐欺の過程で、板橋は小堀の家に上がり込んで勝手に通帳や印鑑を持ち出して保証人にしてしまいます。

詐欺にならないように3回までは返済するように念を押されていた板橋ですがどうもこの返済をしていなかったようで、起業資金の詐欺ルートは使えなくなってしまいます。

スポンサードリンク

怒った它貫は、板橋が医療機器メーカーで働いていることから、さらに医療用機器の取り込み詐欺をさせて利益を得ようとします。

 

しかし、板橋はすでに会社を辞めていました。

 

激怒する它貫。

 

ウシジマは最後の手段として板橋に「小堀を使って取り込み詐欺をやれ」と言います。

 

「それしかあんたが助かる方法はねえ」

 

板橋は深夜の公園に小堀を呼び出します。

 

小堀は詐欺の保証人にされていたにも関わらず公園にやってきます。

 

板橋のその後

板橋「小堀? なんで来た?」

 

小堀は板橋に怒っていないのかと聞かれて「もういいよ。お前も大変だったんだろ?」と言います。

結局、板橋は小堀に取り込み詐欺の話はせず、そのまま別れてウシジマに連れていかれます。

 

ウシジマの事前の話では、小堀が協力しなければ「お前は死ぬ」と言っていました。

 

「它貫にはロシアンマフィアのルートがある。まず漁船に乗せられて寝る間もない重労働の毎日。体を壊して使えなくなったらオホーツク海にドボンだ。たっぷり生命保険を賭けた上でな、、、、」

 

「ヤクザは面子の生き物だ。它貫は間違いなくお前を殺す。」

 

実際に板橋が小堀に詐欺の話をしなかったときにマサルは、

 

「おい板ちゃん。ちゃんと説得して来いよ! ダメなら脅せよ! このままじゃお前、オホーツク海で殺されんぞ」

と言っていました。

 

板橋は、「これ以上、自分を嫌いになりたくない」と言ってウシジマに連れていかれます。

 

ですので、その後は漁船に乗せられて殺されたと考えるのが自然だと思います。

 

板橋はどうしようもない人間でしたが、最後は男らしく死んでいきましたね。

 

この点は、フーゾクくん編に出てきたヨシノリも同じでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク