加納晃司

闇金ウシジマくんにはカウカウファイナンスの従業員として加納晃司が登場しています。

 

加納は、ウシジマの中学時代の同級生で、中学時代のエピソードもヤミ金くん編(コミックス18巻から20巻)で描かれていました。

 

加納の死

加納は、ヤクザくん編で猪背組のヤクザである熊倉に殺されます。
スポンサードリンク



熊倉は加納自体には恨みはないのですが、自分が「カマ」を掘られたのを加納に見られたために加納を絞殺しました。

 

加納は生きてる?

ヤクザくん編では、ハブたちが使っている「拷問部屋」と呼ばれる倉庫が出てきます。

ハブたちはここをアジトにして加納を拉致していました。

 

ここで熊倉も拉致され、ウシジマがハブたちを殺したりしてヤクザくん編の重要なスポットになっています。

 

ところで、ヤクザくん編に続く逃亡者くん編では、ウシジマを裏切って沖縄に逃亡したマサルが描かれます。

 

その中で、マサルがニュースをチェックしているとどうも拷問部屋で死んだ人数は6人と報道されているようです。

 

拷問部屋で死んでいたと思われる人間を数えてみると、

 

①熊倉のボディガード、②最上というハブ組のチンピラ、③加納晃司、④ハブ、⑤獏木、⑥ハブの手下の家守、⑦熊倉、と7人になっています。

 

とすると誰かが生き残っていると思われます。

 

ここから加納が生きてるのでは? という話が出ているようです。

誰が生きているのか

まず、①熊倉のボディガードは頭を撃ち抜かれて射殺されているので生き残っているのは考えにくいと思われます。

②最上もマサルに殴られた上、熊倉にコピー機を頭に落とされて潰されていたようですので生きていると言うのは考えにくいと思います。
スポンサードリンク



③加納は絞殺されていますので、もしかしたら意識を失っていただけで生きているというのはありうると思います。

 

④ハブは、ウシジマが用意したガソリンの爆発で燃えた上、さらに獏木から火炎放射器で燃やされていましたので火傷の程度もひどく、生きているのは考えにくいと思われます。

 

⑤獏木は、ウシジマに近距離から射殺されていると思われますのでこれも生き残っているのは難しいと思います。

 

⑥家森は、ウシジマが用意したガソリンの爆発に巻き込まれているようですが、はっきりと燃えている場面が見つかりませんでした。家森が生きているということも考えられなくはないと思います。

 

⑦熊倉は、ウシジマに近距離から射殺されているのでこれも生き残っている可能性は低いと思います。

もっとも、撃たれた人たちも拳銃の殺傷能力はそこまで高くないでしょうから、撃ちどころによっては生きているかもしれませんし、ハブも大やけどを負いながら再登場するというのも面白いかもしれません。

 

 

最終章ウシジマくん

現在は、最終章ウシジマくんが連載中です。

 

これで終わりかと思うと寂しいですね。

 

拷問部屋で生き残った人たちの話が出てくるのかわかりませんが、最終章ウシジマくんも面白くて目が離せません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク