闇金ウシジマくんでは、ウシジマが社長をしているカウカウファイナンスという金融会社がお金を貸して取り立てを行っていきます。

 

カウカウファイナンスの社長はウシジマで、従業員としては柄崎加納高田マサルがいます。

 

あと女性の小百合もいますね。
スポンサードリンク



加納はあまり目立たない存在でしたが、ヤクザくん編(コミックス33巻から36巻)でクローズアップされています。そして、ヤクザくん編で加納は悲惨な最後を迎えることになります。

 

加納晃司

加納は原作の第一話から登場しているカウカウファイナンス従業員です。

柄崎と同様ウシジマの中学時代の同級生です。

 

長髪で鋭い目をした男ですが、漫画の中ではあまり出番がありませんでした。

中学時代の加納晃司

ヤミ金くん編(コミックス18巻から20巻)では、ウシジマの中学時代が描かれていますが、このとき加納も登場します。

加納はまだ長髪にはしておらず、伸ばした後ろ髪を染めていました。

 

加納は、柄崎とともに転校してきたウシジマをリンチし、退院したウシジマから報復を受けていました。

 

その後、加納は鰐戸三蔵に拉致されてしまいますが、ウシジマと柄崎が助けてに来てくれて助かったと思われます。

 

ヤクザくん編の加納

ヤクザくん編で加納は闇金の仕事をやめたいとウシジマに伝えます。

理由は、彼女が妊娠したので闇金から足を洗って表の世界で金融屋をやっていきたいということでした。

 

ウシジマはそれを許して、加納に開業資金として1000万円を渡します。

 

こうしてカウカウファイナンスを離れた加納でしたがそのまますんなりと話しは進みません。

 

加納は、ウシジマを裏切ったマサルに騙されてハブ組のヤクザにたちに「拷問部屋」と呼ばれる倉庫に拉致されてしまいます。
スポンサードリンク



そこに、ハブ組との抗争に加わって拉致された熊倉もやってきます。

 

熊倉は、加納たちの前で最上というハブ組のチンピラに「カマ」を掘られます。

 

さらにハブ組を裏切ったマサルは熊倉を解放しますが、熊倉は自分がカマを掘られたことを知っている加納の首を絞めて殺します。

こうして加納は殺されてしまいました。

 

加納の仇

その後、ウシジマは加納を助けに拷問部屋にやってきますがすでに加納は死んでいました。

 

ウシジマはハブたちを殺します。

 

そして、ウシジマは熊倉が加納を殺したことに気づき、熊倉も殺して逃亡生活へ入ります。

 

その後

マサルはウシジマが加納に渡した金を持って沖縄に逃亡していました。

 

一方、ウシジマも熊倉を殺していることが猪背組側にバレているかは不明でしたが、ハブや熊倉たちを殺したことからこのまま東京にいることは危険だと感じ沖縄経由で逃亡することにします。

 

沖縄に立ち寄ったウシジマは、戌亥を使ってマサルを見つけます。

そして、マサルから金を回収したウシジマは、そのままマサルを解放しました。

 

マサルは拍子抜けをしてウシジマに思いのたけをぶつけ、ウシジマもマサルをボコボコにします。

 

最後は柄崎と3人で浜辺でマンゴを食べてサヨナラしていました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク