加山重子は闇金ウシジマくんに出てくる主婦です(第1話のネタバレになります)。

 

パチンコにはまっていて、カウカウファイナンスから借金をしています。

 

スポンサードリンク



ウシジマたちは、債務者のことを「奴隷くん」と呼んでいます。

 

1巻の第1話では、パチンコにはまった主婦たちが出てきます。

 

ウシジマは、その奴隷くんたちにパチンコ店の開店前に金を貸し付けています。

 

そして、、、

 

加山重子は、朝ウシジマから借りた3万円をパチンコで負けてしまい、また金を借りに来ます。

 

ウシジマ「あらら、加山さん、朝の3万もうパチンコでスッちゃったの? わりーけど。あんたにゃもう貸せねーよ。」

ws000060

重子「そこをなんとか!! あと1万入れれば絶対出るんです!」

 

ウシジマ「しらねーよ! 今晩ダンナのトコ一緒にいくべ!!」

 

主人に言われることを極度に恐れる重子。

 

ウシジマ「ダンナが怖いか。借金バレたら離婚されちゃうかもな。」

 

重子「いえ、、、、今、主人とは離婚の慰謝料の件で民事裁判でもめていて、別居龍なんです。」

 

ウシジマ「ギャンブルの借金がバレたら裁判で不利になるなあ」

 

重子「お願いします! 慰謝料で返済しますから!!」

 

 

ウシジマ「ギャンブルにはまった奴の明日は信用しねえ! 今日ダンナから取り立てる。」

 

重子「お願いです!! なんでもしますから!」

ws000059

ウシジマ「ほう。なんでもか、、、、」

 

ウシジマはアケミという女に加山重子を紹介します。

 

スポンサードリンク

アケミはパチンコ屋の客に声をかけて、トイレで売春させることを持ちかけます。

 

金を得るために、パチンコ屋の客と行為をする重子。

ws000058

ウシジマのところに金を返済に来た加山重子は、顔が変わってしまっています。

 

ウシジマは知り合いの弁護士から、加山重子に離婚慰謝料が400万円入りそうだと知ります。

 

ウシジマ「売春ネタで脅して400万円ゲッツだ!!」

 

帰宅した加山重子。

 

小学生くらいの子供がゲームをしています。

 

「お母さん。おかえり。ハラ減った!!」

 

重子「今、作るね。」

ws000057

子供を抱きしめる重子。

 

(ごめんね。ごめんね。もうパチンコやめるからママを許してね、、、、)

 

カウカウファイナンスに入社したばかりの高田は、ウシジマに罪悪感はないのかと聞きます。

 

ウシジマは「客を人間と思うな! 同情したら金にならねえ。」と応えます。

 

「ちょっとテメエの手を汚すくれーでオロオロすんじゃねえ!!」

 

ウシジマは「客の中に同情に値する人間なんて一人もいねえ」と言います。

 

そして、加山重子はまたパチンコに行きます。

ws000056

 

闇金ウシジマくんの中ではお金を返せなくて風俗で働くなど売春をする債務者がたくさん出てきますが、加山重子はその一人目の女性です。

 

加山重子のエピソードは、パチンコがやめられない人たちの現実がありありと描かれていると思います。

また、このあと、ウシジマが「世の中は奪い合いだ。」「とるかとれれるかなら、俺はとるほうを選ぶ!」

とつぶやいて第1話は終わります。

 

パチンコ店と客というのはほとんどがとる側ととられる側と言えるかもしれません。

 

 

ドラマでも、加山重子はシーズン1で出てきましたね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク