闇金ウシジマくんのホストくん編(コミックス21巻から22巻)。

 

ここではウシジマのカウカウファイナンス従業員高田の過去が描かれます。

 

そして、元ホストくん編(コミックス23巻)へと続き、ホストクラブのケツモチで半グレの危険人物「鼓舞羅(こぶら)」が絡んでウシジマともぶつかっていくことになります。

 

鼓舞羅(こぶら)

半グレとは、暴力団には所属せずに犯罪を繰り返す集団のことを言うそうです。
スポンサードリンク




鼓舞羅は、高田のホスト時代の先輩である慶次のホストクラブのケツモチをしていました。

 

慶次は裏っぴき(客から直接金を受け取ること)をした隼人というホストにヤキを入れます。

 

隼人は慶次に不満を言います。

 

「今の店はホストクラブじゃないです! ただのボッタクリ店です!」

 

慶次は隼人が反省していないと言い、ケツモチの鼓舞羅を呼び出します。

 

鼓舞羅はそのとき見知らぬカップルに鼻水をなすりつけて絡んでいました。

 

鼓舞羅は慶次に呼ばれて行くと、隼人を裸にしてオナニーをさせます。

 

そして、その動画を撮影して笑います。

 

「ぎゃはははははは」

 

そして、隼人に今月中に「700万円を用意しろ。」と言います。

 

飛んだら全身に刺青を入れると言います。

また、鼓舞羅はウシジマとも遭遇します。

 

ウシジマがハマーに乗って走っていると鼓舞羅が立ちふさがる形になります。

 

「どけ。」
スポンサードリンク




「どかしてみろよ。」

 

ウシジマはアクセルを踏み込み、鼓舞羅はとっさに車を飛び越えてかわします。

 

元ホストくん編の鼓舞羅

その後、隼人は結局、鼓舞羅に金を用意して全身に刺青を入れられるのは逃れます。

 

そして、隼人は投資話を持ち出して来て、周囲から大金を集めて行くようになります。

 

 

このころ、鼓舞羅は慶次の小さな娘を抱いて「パンツ見せて。」と言います。

 

キレる慶次。

 

「何言ってんだテメエ!」

 

鼓舞羅は慶次に「誰に口聞いてんだコラ?」と言い返します。

 

鼓舞羅は慶次の店のケツモチでしたが、慶次でもコントロールできない状態になってきていました。

 

隼人は、ウシジマやその周囲の人間からもお金を集めて結果的にとびます。

 

ウシジマたちは隼人を捜しに行き、その過程で鼓舞羅に自転車を投げつけられます。

このときは、ウシジマは自転車をかわして柄崎が自転車をぶつけられました。

 

このときは、隼人の身柄を抑えるのが先決ということで二人はわかれます。

 

、、、隼人は実は鼓舞羅の指示で金を集めていました。

 

鼓舞羅からも逃げた隼人。

 

鼓舞羅はウシジマが隼人と接触すると考え、ウシジマをつけ狙います。

 

そして、ブレーカーを落とした暗闇の中でウシジマを襲いますが、襲った相手はウシジマと一緒にいたヤクザの熊倉でした。

鼓舞羅は熊倉の弟分である滑川たちに射殺されます。

 

このとき、鼓舞羅も拳銃で撃ち返そうとしましたが、部下のコブラー戦隊に裏切られ拳銃の弾は抜かれていました。

 

こうして鼓舞羅は死にました。

 

その後

ウシジマは隼人の身柄を押さえて回収します。

 

そして、熊倉は鼓舞羅にやられた後遺症で少しおかしくなり「ヤクザくん編」(33巻から36巻)でもトラブルを大きくさせて行きます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク