闇金ウシジマくんにはいろんな危険人物が登場します。

 

その中に鼓舞羅(コブラ)という男がいました。

 

鼓舞羅はホスト店のケツモチをしている半グレでした。

 

ホストくん編から元ホストくん編にかけて登場しました(21巻から23巻)。

 

スポンサードリンク



ここでは、高田の過去が描かれており、高田が過去関わっていたホストたちとの物語が描かれます。

鼓舞羅はウシジマと敵対関係になり、最終的には殺されて死亡します。

 

鼓舞羅

カウカウファイナンスの従業員の高田。

 

ホストだったころの友人の隼人に道でばったり再開します。

 

隼人は、まだホストをしているが酒が抜けなくて寝坊して罰金ばかりだと言います。

 

「俺にも金融屋できるかな?」

 

と隼人は言ってきます。高田は闇金は犯罪なので進めないと言いますが、隼人の方も営業許可のない違法店の店長だと言います。

 

「警察入ったら俺が逮捕要員だよ。」

 

高田は「社長に聞いてみる」

 

隼人は店に戻りますが、裏っぴき(客から直接金を引っ張ること)をしたことでオーナーの慶次たちからリンチされます。

 

慶次は口答えする隼人に怒り、鼓舞羅を呼びます。

 

ホスト店のケツモチの鼓舞羅。

鼓舞羅は、隼人を裸にさせて従業員の前でオナニーをさせて撮影します。

 

(ちなみにこのときの動画は出会いカフェくんの中でJPが持っていました)。

 

傍若無人な鼓舞羅。

 

ウシジマと鼓舞羅のトラブル

 

ある日、ウシジマはハマーに乗って歌舞伎町を走行中、鼓舞羅に出逢います。

 

車の前からどかない鼓舞羅。ウシジマは発進させて鼓舞羅をひこうとしますが、鼓舞羅はとっさに車を飛び越えてかわします。

 

その後、隼人はウシジマに雇ってもらおうとしますが、ウシジマがやめさせます。

 

しばらくして隼人は投資話をもってきて金を集め始めます。

スポンサードリンク

慶次も、ウシジマたちもこの話に金を出していき、隼人は億単位の金を集めて行きます。

 

思った通り、隼人はとんでしまいます。

 

ウシジマたちは隼人を探し出しますが、その途中で鼓舞羅に突然自転車を投げつけられます。

このときはウシジマは自転車をかわして、柄崎にあたりました。

 

ウシジマと鼓舞羅は隼人を探す方が先決だとしてその場はそれ以上の争いにならずに終わります。

 

 

しかし、実は投資話の黒幕は鼓舞羅であり、隼人は鼓舞羅に言われて金を集めていました。

 

隼人は金を持って鼓舞羅からも逃げます。

 

鼓舞羅はウシジマが隼人を押さえていると考え、ウシジマをつけ狙います。

 

ウシジマはヤクザの熊倉に呼び出されてクラブに行きます。

 

鼓舞羅はブレーカーを落とした闇の中でウシジマを襲いますが、ウシジマにハメられて襲った相手は熊倉でした。

 

照明が付いた瞬間、鼓舞羅は熊倉の弟分である滑川たちに射殺されます。

 

このとき、鼓舞羅も拳銃を持っていましたが部下に裏切られ弾が抜かれていました。

 

鼓舞羅死亡のその後

鼓舞羅の死亡後、ウシジマは隼人を見つけて金を回収します。

 

元ホストくん編はここで終わります。

 

そして、ヤクザくん編で鼓舞羅の影響は尾を引いてきます。

 

ヤクザくん編では、ウシジマを殺そうとするヤクザのハブと滑川たちが抗争になるのですが、熊倉は鼓舞羅にやられた頭蓋骨陥没の影響で少しおかしくなっていることが語られていました。

ヤクザくん編では、熊倉が滑川の要請にも関わらず本部への連絡をせずに自分でハブとのトラブルを処理しようとしました。

 

そのため、熊倉は命を落とすことにもつながり、ウシジマが逃亡することにもつながりました。

 

鼓舞羅の影響が微妙に物語の方向を変えているように思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク