闇金ウシジマくんに登場するマサルについての情報です。

 

スポンサードリンク



 

マサルは、丑嶋が経営する闇金会社カウカウファイナンスの従業員です。

 

 

入社経緯

マサルが登場するのは、ヤンキーくん編です。

 

コミックスでは、2巻~3巻です。

 

高校に行かずにぶらぶらしているマサルは、友達と一緒にバイク(ビッグスクーター)を盗みます。

 

バイクは土手から転落して壊してしまいました。

 

このバイクは、暴走族「愛沢連合」の総長、愛沢浩司のものでした。

ws000043

 

 

 

 

 

 

震えあがるマサルたち。

 

バイクを盗んだと疑われたマサルは、愛沢に呼び出されバットで殴られますが、ナイフで刺し返します。

 

幸い? 刺された愛沢の傷は軽く、愛沢はマサルをボコボコにして丑嶋のもとを訪れます。

 

愛沢は丑嶋に200万円をマサルに貸すように言いますが、丑嶋は断りマサルをカウカウファイナンスで雇います。

 

1度目の裏切り

カウカウファイナンスで働き始めたマサル。

 

「金のねえ債務者はゴキブリ以下。そう思ったらどんな酷いことも楽勝っす!」

 

と言って取り立てをしていきます。

 

ある日、事務所に戻るとマサルの母親が服を脱いでいます。

 

丑嶋から金を借りていたマサルの母親は、デリヘルで働かされそうになっていたのです。

ws000042

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、母親の借金を立て替えて許してもらうマサル。

 

このことは、マサルの中で丑嶋への憎しみを大きくさせていたと思われます。

 

マサルは、丑嶋たちに黙ってカウカウファイナンスの優良顧客に自分で金を貸すようになります。

 

カウカウファイナンス側は当然ながら、優良顧客が急に借金を断りだし、丑嶋たちは不信に思うようになります。

 

その後、マサルは再び愛沢に捕まってボコボコにされ、殺されそうになりますが、運よく高田に助けてもらいます。

スポンサードリンク

このとき、マサルは丑嶋に土下座して許してもらいます。

 

その後のマサル

ヤンキーくん編の後は、マサルはカウカウファイナンスの一従業員として働いて行きます。

 

見た目も派手なヤンキー姿で、キャバクラや風俗が好きで行ったりするシーンもありました。

 

2度目の裏切り

そして、ヤクザくん編(コミックス33巻~36巻)で2度目の裏切りが明らかになります。

ws000041

 

 

 

 

 

 

 

このときは、丑嶋を殺そうとしているヤクザのハブと組んで加納をおびき出したりします。

 

加納は、マサルに騙されて拉致され、結果殺されることになります。

 

ヤクザくん編で丑嶋を裏切ってハブ側についたマサル。

 

しかし、ハブも裏切って加納の金を持って沖縄に逃亡します。

 

ここからが逃亡者くん編です。

 

結局、沖縄で丑嶋に捕まったマサル。

 

ws000040

 

 

 

 

 

 

丑嶋はこのときマサルを拷問してマサルが持って逃げた金を回収します。

 

 

そして、、、、

 

丑嶋はマサルを何も言わずに解放します。

 

このとき、マサルは思いのたけを丑嶋に叫びます。

 

「ふざけんなよ。俺と母ちゃんをコケにしやがって!」

 

「でも本当は、あんたに親父や兄貴みたいにもっと教えてもらいたかったんだ!」

 

丑嶋は戻ってきてマサルを殴ります。

 

柄崎も殴ります。

 

そして、3人で浜辺でマンゴーを黙って食べます。

 

ws000039

 

 

 

 

 

 

 

「じゃあな」

 

 

結局、マサルは無事に解放されました。

 

丑嶋もヤクザに追われる身であり、これ以上マサルに危害を加える意味もなかったし、気持ちとしてもそこまでするつもりはなかったのだと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク