闇金ウシジマくんの美奈とJPの話のネタバレです。

 

スポンサードリンク




漫画喫茶で売春をしている美奈(佐々木心音)。

 

お金をためてアパートを借りて一人暮らしをしたいと思っています。

 

そんなとき、売春相手のスキッパーという男に「お前の母親と3Pできたら7万払う」と言われます。

 

 

美奈の母親の恵美子は、スーパーで働いていますが、犀原茜の闇金で借金をしています。

 

美奈は、恵美子を呼び出して3Pしないかと聞きますが、恵美子は当然断ります。

 

しかし、恵美子は売春相手の男(亀井)から甘い言葉をささやかれ、「3万円貸してくれねえか」と言われます。

 

金が欲しい恵美子。

 

結局、恵美子は美奈とスキッパーと3Pをして金を受け取ります。

 

恵美子のその金はすぐに犀原茜に回収されてしまいます。

 

恵美子はその後、亀井に金をせがまれてもっとお金がほしくなります。

 

美奈に「もっと3Pをして稼ごう」と持ちかける恵美子。

ws000043

しかし、亀井は恵美子から受け取った金を使って別のスナックの女を口説いていました。

 

美奈は恵美子に言われて再びスキッパーを3Pに誘いますが、今度はスキッパーは1万3000円しか出せないと言います。

 

仕方なく美奈と恵美子はその金額で売春をしますが、恵美子はスキッパーがシャワーを浴びている間に持ち物を探ってスキッパーが小学校の教師だということを突き止めます。

 

恵美子は、それをネタにスキッパーを恐喝しようとします。

 

しかし、スキッパーは学校で生徒を殴ってしまいます。

 

恵美子はその後も美奈を誘ってテレクラから客を引っ張って3Pを繰り返して稼ぎます。

スポンサードリンク

 

美奈は精神的に参ってしまい、恵美子の3Pの誘いを断ります。

ws000042

 

そんなとき、美奈に金髪の怪しい男が近寄ってきます。

 

男は「ある勝負に勝って金持ちになった」ということらしく、美奈に「興味があったら連絡しろ」と言って去っていきます。

 

そして、美奈のもとに元カレのJP(福山翔大)が少年院を出たという情報が入ります。怯える美奈。

ws000044

美奈はJPと再会し、JPは犀原から請求されてどうしても3000万円を必要としていたため、金髪の怪しい男に連絡をとります。

 

 

男は美奈たちを4人組の男たちのもとへ案内します。

 

4人組はマスクをかぶっており、貧乏人にチャンスを与えるという理由で、何かを賭けて勝負させることにしていると言います。

 

勝負を受ける美奈。JPは拘束され自分の目を賭けます。

 

勝負の内容は、制限時間内に美奈がメールをして20万円を借りれれば勝ちというもの。

 

美奈は結局、犀原茜にメールして勝ちます。

ws000045

そして、JPのために救急車を呼ぼうとしたところ4人組は面倒を嫌って立ち去ります。

 

美奈が拘束を解き、JPは4人組を追いかけて金属バットで頭を殴ります。

 

結局、JPは犀原に3000万円を払う代わりにやくざになります。

 

 

美奈はその後、母親の恵美子が男といるところを目撃します。

 

楽しそうな恵美子。

 

ws000048

 

しかし、その男がスナックで働く自分の友人にブランド品を貢いでいる亀井だと気づきます。

 

美奈は、友人に聞いた連絡先で、亀井をホテルに呼び出します。

 

美奈は、恵美子にはもう一度3Pをすると言って呼び出し、顔に紙袋をかぶせて部屋に座らせています。

 

亀井は恵美子に気づかず美奈に「貢いでくれるババアがいる」と話します。

 

紙袋をとる美奈。

 

男は逆上しますが、美奈は犀原茜をホテルの外に待機させていたので難を逃れます。

ws000049

その後、貢いだ金を亀井から返してもらった恵美子ですが、それでも犀原への返済は終わらず、ホームレスと一人500円で売春させられます。

 

結局、恵美子は借金を返済して、保証人になっていた美奈も犀原から解放されます。

 

その後、美奈は売春はやめてスーパーで働き始めます。

 

ドラマはここで終わりです。

 

 

原作コミックの、テレクラくん編(15巻)と出会いカフェくん編(13巻)がミックスされた話になっていますね。

 

出会いカフェくんの出てこないエピソードは映画のパート1で大島優子さんが演じていました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク