闇金ウシジマくんに登場するモコ。

 

フーゾクくん編(コミックス5巻~7巻)に登場します。

 

カウカウファイナンスから借金をしてしまい、返済のために風俗店で働くモコ。

 
スポンサードリンク




店はホテヘルの「エロリン派遣ガール」です。

 

 

風俗店での働き

オジさんの客を相手するシーンでは、表面では愛想をつくりながら心の中では不満をぶつけます。

 

風俗嬢の気持ちとしてリアルなシーンですね。

ws000047

 

当初は初々しい感じでしたが、風俗の仕事はできるようで、エロリン派遣ガールの店長も「看板を張れる器です。」と言ってモコに期待するようになります。

 

店のナンバー2である杏奈とも親しくなり、風俗についての理解を深めて行きます。

 

 

私生活では、実は普通の大学生です。

 

押しに弱い性格のため、美顔器や毛皮のコートという高級品を購入してしまい、親に相談しなかったことや無知だったため、闇金で借金をしてしまったのです。

ws000048

 

 

大学の浅倉先輩

 

学校では、浅倉先輩という人にしつこく誘われていますが、その気がないモコはいつも断っています。

 

しかし、ある日浅倉はモコがエロリン派遣ガールで働いていることに気づき、客として訪れます。

ws000051

モコは店員を呼んで腹痛を訴えてその場を回避します。

 

しかし、浅倉はその後モコの自宅にやってきて学校にバラすなどと脅してきます。

 

スポンサードリンク

モコは金を渡して浅倉を帰らせます。

 

さらに50万円を浅倉から請求されるモコ。

 

店に前借を頼みますが、20万円しか借りれません。

 

やむをえず、モコはふたたび丑嶋に頼ります。

 

 

丑嶋は「貸すのはかまわんが、、、一度払ったら二度目もあるぞ。いいのか?」と言ってきます。

 

結局、モコは丑嶋のアドバイスで浅倉との会話を録音します。

ws000050

「私のコト言いふらしたら、今録音して先輩の恐喝を警察に届けますから。」

 

 

その後のモコ

その後、エロリン派遣ガールの先輩風俗嬢、杏奈と瑞希と仲良くなっていくモコ。

 

瑞希は、ストーカーに襲われたり、貯金していた3000万円を盗まれ、杏奈はタカってくる彼氏の芳則とトラブルを抱えたりしていきます。

 

モコはその後、借金を完済して風俗をやめます。

 

そして、新しい彼氏ができて普通の生活を送ります。

 

刺青を入れに来たモコ。

 

「彼には、そのことを話していません、、、、でも、先週、街でデート中に昔の客に声をかけられました。」

 

彫師「彼氏にバレたのか?」

 

モコ「いえ、彼、最初から知ってたんです。知っててつき合ってくれてた、、、、怖いんです。受け入れられるのがとても怖いんです。自信がないから、、、あきらめてた方が気が楽でした。でも、今は信じる勇気が欲しいんです。」

 

彫師「ウチの店にもいろんな事情の女が来るよ。子供をおろした女。体に生まれつきアザがある女。風俗嬢、、、、生きてくのは大変だ。人間一人じゃ抱えきれねえこともある。だが、一人で背負わなきゃならねえこともある。そんな奴らが墨を入れて少しでも自信を持てれば俺は嬉しい。」

ws000049

モコはツチノコの墨を入れました。

 

彫師は、ヘビは神の使いだ、と言います。

 

杏奈は、結局だまされて沖縄の風俗に売られます。

 

墨を入れた後、杏奈からメールが届いてフーゾクくん編は終わります。

 

(モコちゃん元気? 沖縄来たら連絡して! 一緒に遊ぼーね♡)

 

モコ「元気ですよ!」

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 
スポンサードリンク




 

 

 

 

 

ドラマでは、、、