闇金ウシジマくんのモコ。

 

 

フーゾクくん編(コミックス5巻~7巻)に登場する風俗嬢です。

 

スポンサードリンク



 

モコ

モコは、エロリン派遣ガールというホテヘル店で働いています。

 

大学生なのですが、でウシジマのヤミ金カウカウファイナンスから借金をします。

 

これは、モコが押しに弱くて高価な毛皮のコートとか、美顔器を買ってしまったこと。

さらには、闇金のことをよくしらずにかりてしまったことが原因のようです。

ws000033ws000034

普通の真面目な女子大生なのですが、闇金から風俗嬢というのはかわいそうですね。

 

モコは、フーゾクくん編の3人の風俗主人公のウチの一人で、その後、杏奈や瑞希と仲良くなっていきます。

 

 

モコは、大学でサークルの浅倉先輩から、しつこく誘われていたのですが、ある日、浅倉先輩にホテトルで働いているのがばれてしまいます。

 

浅倉先輩は、風俗の客としてやってきます。

 

モコは、とぼけますが、ばれてしまい、その場は腹が痛いと店員に行ってサービスを断ります。

 

脅されるモコ。

 

浅倉はその後、モコの家に泊めてくれと言ってきます。

 

ホテル代だと言って1万円渡して帰ってもらうモコ。

 

さらに、モコは浅倉先輩から50万円を請求され、店に前借したうえ、ウシジマに再び借金を頼みます。

 

 

モコがウシジマに事情を説明すると、ウシジマは「貸すのは構わんが、、、一度払ったら二度目もあるぞ。いいのか?」と言ってきます。

 

さらに、ウシジマはモコに「「腹をくくる気はあるか?」と尋ねてきます。

ws000037

モコは、ウシジマのアドバイスでICレコーダーを持って、浅倉先輩と会います。

 

浅倉先輩の要求を録音したモコは、

スポンサードリンク

 

「私のコト言いふらしたら、今録音した先輩の恐喝を警察に届けますから。」

 

と言って浅倉の恐喝をかわしました。

 

 

ウシジマからすれば、モコが金を借りてくれればもっと儲かったのですが、、、、優しいところもありますね。

 

その後、杏奈は彼氏の芳則のために沖縄の風俗に行って働くことになります(逃亡者くん編でまた出てきますが)。

 

そして、瑞希は3000万円をためて風俗をあがろうとしますが、それを同僚の風俗嬢に盗まれてしまいます。

 

フーゾクくん編の3人のうち、モコだけは、、、無事に借金を返済して風俗を上がります。

 

モコの刺青

フーゾクくん編の最後のシーンで、モコは刺青を入れに行きます。

 

刺青を入れながら泣いているモコ。

 

彫師「どうした? 痛むのか? 葉山さん(モコのこと)」

ws000036

モコは痛むわけではないと言います。

 

「好きな人ができました。一緒に買い物に行ったり、お茶飲んだり、散歩したり。とても幸せなんです。」

 

モコはその男性には、風俗をしていたことは黙っていたのですが、デート中に昔の客に声をかけられたと言います。

 

彫師「彼氏にバレたのか?」

 

モコ「いえ、、、彼、最初から知ってたんです。知っててつき合ってくれてた、、、、」

 

モコは受け入れられるのが怖いと言います。

 

「自信がないから、、、あきらめてたほうが気が楽でした。でも、今は信じる勇気が欲しいんです。」

 

 

彫師は、自分の店にもいろんな事情の人が来るといいます。

 

「生きてくのは大変だ。人間一人じゃ抱えきれねえこともある。」「そんな奴らが墨を入れて少しでも自信を持てればオレは嬉しい。」

 

モコが入れたのはツチノコの刺青です。

ws000035

彫師「ツチノコってのは、ようはヘビだろ? ヘビは神の使いだ。大きくなれば大蛇になって自然を操る。金運も上がるぜ!」

 

 

モコもこれからの人生を生きていく自信が欲しくて、刺青をいれたのでしょうね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク