闇金ウシジマくんに出てくるモコ。

 

スポンサードリンク




原作では、フーゾクくん編(コミックス5巻~7巻)にとうじょうする風俗嬢です。

 

実写版テレビドラマでもシーズン1でフーゾクくん編が原作として取り上げられており、モコが登場します。

ws000071

「モナコ」は、モコと同一人物で、映画パート2に出てきます。

 

エロリアーノと言う風俗店で働いていたモコ。借金はすべて返し終わったのですが、また借りてしまい、今度はエロリアーノビヨンドという店でモナコと言う名前で働いていたのです。

 

原作では、モコは大学生で、お金を返し終わってからは登場しませんでした。

 

モコ

原作のモコについてです。

 

モコは大学生でしたが、押しに弱くて高級な毛皮や美顔器などを買ってしまいます。

 

さらに、知識もなかったために普通の消費者金融と闇金の違いもわからないままウシジマのカウカウファイナンスでお金を借りてしまいます。

 

そして、返済のためにエロリン派遣ガール(テレビドラマではエロリアーノ)というホテトル店で働く、ということになってしまっていました。

ws000070

なんだかかわいそうですが、「断れない」とか「世の中のことを知らない」というのは怖いですね。

 

モコはエロリン派遣ガールで働くうちに、ナンバー2の杏奈と仲良くなり、その後はナンバー1の瑞希とも仲良くなっていきます。

 

この3人がフーゾクくん編の主人公として描かれています。

 

瑞希は元客だったストーカーに襲われたりして、最後には一生懸命ためた3000万円を風俗店の同僚に盗まれてしまいます。

 

スポンサードリンク

杏奈は、ダメな彼氏に金をせびられて別れを決意するのですが、結局最後はその彼氏のために沖縄の風俗で働くことを決意して飛び立って行きます。

 

 

モコは、大学生で学校では、サークルの浅倉先輩にしつこく誘われていました。

 

その気がないので断っていたモコですが、ある日浅倉先輩がモコが風俗で働いてるのに気づいて客としてやってきてしまいます。

 

その場はごまかして交代してもらったモコですが、その後風俗で働いているのをばらすと言われて浅倉先輩に恐喝されます。

ws000069

金を作るために店から前借し、またウシジマから借金しようとするモコ。

 

ウシジマは、モコにアドバイスして、モコは浅倉先輩の恐喝の証拠を録音します。

 

「あたしのことバラしたら、先輩の恐喝もばらします」

 

難を逃れたモコ。

 

その後は、借金を完済します。

 

フーゾクくん編の最後では、モコが刺青をツチノコの刺青を入れに行きます。

 

モコは、普通の彼氏ができて彼には風俗で働いたことを黙っていました。

 

しかし、彼氏は本当は、モコが元風俗嬢だったことを知っていました。

 

モコは人に受け入れられるのが怖いと言います。「自信がないから、、、」

 

「でも、今は信じる勇気がほしいんです。」

 

彫師は、自分のところにもいろんな女が来るといいます。

ws000068

「生きていくのは大変だ。人間一人じゃ抱えきれねえこともある。だが、一人で背負わなきゃならねえこともある。そんな奴らが墨を入れて、少しでも自信を持てればオレは嬉しい。」

 

最後は、杏奈からモコにメールが来て、モコが「元気ですよ」とつぶやいて終わります。

 

杏奈と瑞希はバッドエンドでしたが、モコだけはハッピーエンドとは言えなくてもまだましなラストでした。

 

(ちなみに、杏奈は沖縄が舞台の逃亡者くん編で出てきて、「地獄」を見てきた、と言います。そちらもおすすめです)。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク