闇金ウシジマくんの元ホストくんのネタバレです。

 

スポンサードリンク




コミックスでは、23巻です。

 

この前の「ホストくん」編とつながっているので21巻から読むとわかりやすいと思います。

 

ホストくん編では、高田の元同僚で今もホストをしている隼人が店から700万円を請求されていました。

 

隼人は店のオーナーヨシツグと店のケツモチの鼓舞羅から逃げたら全身タトゥーを入れてやると言われています。

 

隼人は、高田にカウカウファイナンスで働かせてほしいと言います。

ws000022

ウシジマの面接を終えた隼人はとりあえず高田と債権回収に回ります。

 

隼人は、回収した金を持たされ、そのままウシジマたちは、隼人の歓迎会をするために居酒屋に向かいます。

 

しかし、そこで酒を飲んだ隼人はウシジマから「売上金を持ったまま酒を飲む奴は失格だ」と言われ、採用には至りませんでした。

ws000021

それから半年、、、、

 

 

高田に隼人からメールが入ります。

 

預かった「50万円に色を付けて返す」という内容です。

 

高田が隼人に会ってみると、隼人は以前よりも太っていて高級車に乗っています。

 

隼人が言うには、海老沢という投資家に出会って投資をして金を増やしているということでした。

 

そして、高田にも投資をしないかと持ち掛けてきます。

 

隼人は金を返そうとしますが、高田はその金を投資にあてろよと言って受け取りませんでした。

ws000020

数日後、高田のもとに隼人から電話が入り50万円が20万円増えたと言います。

 

居合わせた柄崎はそれがなんの話なのか高田に聞きます。

 

投資話を聞いた高田、加納、マサルそしてウシジマも隼人の投資に出資します。

 

 

隼人は半年前にホストクラブから金を要求されていましたが、そのときには800万円払って難を逃れていました。

 

そして、今はヨシツグと鼓舞羅からも投資を受けていました。

 

 

そして、隼人は高田に再び投資話を持ち掛けます。

 

しかし、高田は隼人のやっていることが詐欺だと見抜いていました。

 

「社長が言ってた。次大きな儲け話持って来たら引けって。」

 

「詐欺なんだろ?隼人」

 

高田は投資しませんでしたが、ウシジマ以外のカウカウファイナンスのメンバーは隼人に投資していました。

 

そして、隼人は飛びます。

ws000019

隼人を探すウシジマは鼓舞羅に襲われますが、隼人を探すと言う目的のためにいったんは矛を収めます。

 

ウシジマは、同じく隼人から金をだまし取られたという長谷川という男に出会う。

 

長谷川は、その後ウシジマに連絡をとり、黒幕はホストクラブのオーナーのヨシツグだと言います。

 

スポンサードリンク

 

柄崎は、ヨシツグの店へ行くが、そこには拷問されて歯を抜かれたヨシツグがいるだけでした。

 

長谷川は、実は鼓舞羅の部下で、ウシジマにも他の被害者にも互いに隼人の仲間だと嘘をついてつぶし合いをさせようとします。

 

隼人は高田に連絡を取り、助けを求めるふりをして新宿のホテルに呼び出します。

 

高田は柄崎とホテルの部屋に向かいますが、そこには隼人ではなく鼓舞羅たちがいました。

 

鼓舞羅も金をとって逃げた隼人を探しています。

ws000018

 

柄崎たちは隼人がウシジマと直接会うとコブラに伝えます。

 

鼓舞羅はその場を襲おうと決め、柄崎に指示された場所に向かいます。

 

しかし、ウシジマは実は若琥会のヤクザの熊倉に呼び出されていました。

 

ブレーカーの落とされた部屋で鼓舞羅は、ウシジマを襲いますが、照明がつくとそれは熊倉でした。

 

兄貴分がボコボコにされているのを見て熊倉の弟分の滑川たちは、鼓舞羅を射殺します。

 

隼人は3億円を手に入れますが、ウシジマたちが仕込んでいたGPSから居場所が割れてカウカウファイナンスのメンバーに囲まれます。

 

ウシジマは3億円を回収します。

 

そして、愛華が高田に渡すようにウシジマに預けていた日記を手に入れる高田。

ws000017

元ホストくん編はこれで終わります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク