闇金ウシジマくんに登場する村上仁。

 

フリーエージェントくん編(30巻~32巻)に登場する主人公です。

 

ただ、実はそのずっと前、ヤンキーくん編(2巻~3巻)でもマサルの友達として登場しています。

 

スポンサードリンク



 

ヤンキーくん編

ヤンキーくん編で、村上仁は登場しています。

 

このときは、まだ高校生でマサルともう一人の友達と3人で遊んでいます。

ws000069

左目の下のほくろでわかりますね。

 

ヤンキーくん編では、マサルと一緒に愛沢浩司のバイクを盗んで呼び出しを受けていました。

 

その後、マサルはカウカウファイナンスで働くようになります。

 

羽振りがよくなったマサルは、

 

金を使って、女友達もうまく引き寄せます。

ws000070

仁が惚れていた女もマサルについて行きます。

 

羽振りが良くなって調子に乗っているマサルを憎んだ村上たちは、愛沢にマサルを売ります。

 

愛沢に拉致されたマサルは、ビニール袋を顔にかぶせられて放置されます。

 

このときは、高田が助けに来てマサルは一命をとりとめました。

 

その後、愛沢と行動を共にする村上仁。

 

愛沢たちはウシジマから金を奪おうとしてマサルを含めカウカウファイナンスの従業員を拉致します。

 

村上仁は、マサルに言われてウシジマに電話をかけ結果的にマサルとウシジマ達を救うことになります。

フリーエージェントくん編での村上仁

 

それから時間がたち、久しぶりにマサルと仁たちは会います。

 

マサルと仁と健介の3人。

 

スポンサードリンク

しかし、仁が日雇いのバイトで生活しているのに対して、マサルや健介はかなり稼いでいました。

 

(あいつらとも差が付いちまった)

ws000074

焦る仁。

 

仁は、ネットビジネスで儲かるという天生翔の塾に参加します。

 

「先にリスクをとれ」

 

そう言われて、親から100万円もらって入塾する仁。

 

その後も、天生たちに言われて金をつぎ込んでいきますが、成果はほとんど出ません。

 

仁は、後輩たちにも商材を売りつけて行きます。

 

仁は、売り上げを上げるために親の金も盗んだり奪ったりします。

 

後輩のカリベーに儲からないと詰め寄られる仁。

 

そのとき気づきます。

ws000073

(俺が天生先生たちにされたことと、同じことをしたら稼げる!)

 

仁は、商材を売り始めます。

 

「私はリスクを先にとった。そうすればお金は後からついてくる。」

 

「どうします? 私のように稼ぎたいですか?」

 

どんどん商材が売れ始めた仁。

 

カリベーに言います。

 

「俺たちが売るものは金儲けの方法じゃねえ。金儲けができそうな雰囲気だ。」

 

仁の後輩のカリベーたちも、同様に商材を売り始めます。

 

しかし、カリベーたちの商材は中身のない明らかな詐欺だったり、売りつけに際して恐喝していたりしていました。

 

訴えられそうになったカリベーたちは、仁を拉致して金をとろうとします。

 

カリベーたちに脅された仁は、天生をハメてカリベーたちに拉致させます。

ws000071

カリベーたちは、天生から金をとろうとしますが、すでに天生は破産状態でした。

 

結局天生から買っていたフェラーリを売って、切り抜ける仁。

 

その後は、ネットビジネスをやめ、田舎に移って実のある仕事を起業しようとします。

 

フリーエージェントくん編はここまでです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク