闇金ウシジマくんに出てくる滑川秀信。

 

 

若琥会猪背組所属のヤクザです。

 

スポンサードリンク




 

実写版では、高橋メアリージュンさんが演じる犀原茜という役が、滑川をモデルにしたキャラクターになっています。

 

犀原茜

闇金ライノーローンの女社長。

ws000059

 

 

 

 

 

 

原作にはない役ですが、滑川秀信をモデルにしていると思われます。

 

原作の滑川はカウカウファイナンスのケツモチヤクザということで、丑嶋より立場が上という感じでした。

 

実際、丑嶋も原作で滑川(とその兄貴分の熊倉)にはいろいろ無理難題を吹っかけられて渋々対応しているという感じが多かったです。

 

実写版では、同じ闇金業者の社長ということで丑嶋とのライバル間がはっきり出ていますね。

 

また、女性がやるというところが華があっていいですね。

ws000064

 

 

 

 

 

 

 

でも、債務者に対する取り立ては厳しかったりして怖さ、それからキレ具合の危険さも感じさせれます。

 

ドラマのシーズン2からの出演ですが、映画のファイナルでは、丑嶋との中学時代のエピソードもあるようです。

 

原作にはない話ですので楽しみですね。

 

ちなみに原作の方では、中学示談の丑嶋に対して戌亥が警告するシーンで滑川の名前が出てきます。

 

戌亥は「絶対に逆らっちゃマズイ」3人の危険人物として、鰐戸三蔵、愛沢浩司、そして滑川秀信(モンスター連合総長)を挙げていました。

 

丑嶋が中学2年生の時点で暴走族総長なので、多分滑川のほうがいくつか年上だと思われます。

 

 

滑川秀信

 

実写版には滑川は登場せず、犀原茜がその代わりにオリジナルキャラとして登場しています。

 

そのモデルとなった滑川についても簡単に見ておきましょう。

 

 

若琥会猪背組所属のヤクザ。

 

丑嶋のカウカウファイナンスのケツモチヤクザです。

 

直接的には丑嶋は「熊倉義道」という滑川の兄貴分に呼ばれて行くことが多いです。

ws000063

 

 

 

 

 

 

 

滑川の初登場も丑嶋が熊倉に呼ばれて行った先でした。

 

ヤンキーくん編パート2の③話でした。

 

スポンサードリンク

熊倉に呼ばれて300万円用意しろと言われる丑嶋。

 

渋る丑嶋に滑川は脅しをかけます。

 

しかし、このとき熊倉は滑川をビール瓶で殴って止めます。

 

丑嶋は結局熊倉に300万円用意させられたと思われます。

 

そして、ヤンキーくん編のラストは、滑川が愛沢をトラックに飛び込ませるというものでした。

 

次の登場は「元ホストくん編」(23巻)です。

 

 

ws000062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またも、熊倉に呼び出されて金をせびられる丑嶋。このときは熊倉から新米200キロを飼ってくれと言われます。

 

(コイツ、死なねーかな)と思う丑嶋。

 

このとき丑嶋の罠にひっかかった半グレの鼓舞羅は、熊倉をボコボコにします。

 

それを見た滑川は熊倉を射殺します。

 

 

そして3度目の登場は、ズバリ「ヤクザくん編」です。

 

このときは、丑嶋が別系列のヤクザ(ハブ)に狙われていると知って、猪背組に来るように丑嶋に進めてきます。

ws000060

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後、丑嶋をめぐってハブ組と猪背組で抗争が始まり多数の死者がでます。

 

丑嶋は最終的に熊倉をも殺して逃亡者となります。

 

 

そして、最終章「ウシジマくん編」につながっていきます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク