闇金ウシジマくん。実写版に出てくる犀原茜。

 

その読み方は、サイハラアカネです。

 

スポンサードリンク



ウシジマくんに出てくるキャラってけっこう変わった名前が多いですね。

 

「丑嶋」(ウシジマ)もそうですし、鰐戸三兄弟の「鰐戸」(ガクト)も珍しいですね。

 

他には、カウカウファイナンスのケツモチである、猪背組の「滑川」(ナメリカワ)というのもあります。

 

楽園くん編やヤクザくん編に出てくる「飯匙倩」(ハブ)もすごいですね。

ws000027

ハブの手下は、井森(イモリ、これは普通ですね)と家守(ヤモリ)。それに「獏木」(バクキ)。

 

また、ウシジマくんの友達の情報屋は「戌亥」(イヌイ)でした。

 

最終章では、滑川のモンスター連合の後輩「獅子谷」(シシヤ)というキャラも登場します。

 

 

名前について

 

ウシジマくんにはいろんなキャラが出てきて、名前が格好いいとかイカツイという魅力もありますね。

 

犀原茜について

 

犀原茜は、原作には登場しない実写版オリジナルのキャラクターです。

 

ウシジマと同じ闇金業者で、ライノーローンという会社を経営しています。

 

女性ですが、凶暴でいつも声を張り上げていますね。

ws000064

ドア蝶番の側に債務者の指を入れて閉める、なんていう怖いシーンもありました。

 

いつも、ウシジマに絡んでくる、というキャラなのですがウシジマを恨んでいる理由が映画ザ・ファイナルでは明かされます。

 

それは、ウシジマが昔、モンスター連合という暴走族から絡まれていたことがきっかけです。

スポンサードリンク

 

ウシジマはモンスター連合から、暴走族に入るように言われたり、金を請求されたりしていたようです。

 

当然、ウシジマはモンスター連合に入ることを嫌い、モンスター連合の総長であるサメジマとケンカをします。

 

このとき、サメジマはウシジマにけがを負わされ、後遺症まで負うことになります。

 

そして、サメジマはその後の別のケンカで死んでしまいますが、これはウシジマが与えた後遺症のせいだったようです。

 

そして、サメジマを恩人として慕っていた犀原茜は、ウシジマを恨んでいるというストーリーでした。

 

映画の中でも言っていましたが、逆恨みですよね。

 

滑川について

ところで、原作では滑川秀信というヤクザが登場します。

 

実写版には登場しません。

 

というのも、滑川の役割は、犀原茜が演じています。

ws000056

滑川と犀原茜では、性別だけでなく、ヤクザと闇金業者など大きく違います。

 

ですので、そのままという訳ではないのですが、犀原のモデルは一定程度滑川のものです。

 

食事の食べ方が汚いとか、細かいところも共通していたりします。

 

原作では、ヤクザくん編以降、滑川が重要や役割を果たすようになり、最終章「ウシジマくん編」でも欠かせない役割になっています。

 

実写版は終わってしまいましたが、原作も最終章ということでもう少しで終わりそうです。

 

原作も本当に面白いので、実写版で興味を持ったと言う方も是非読んでみてほしいと思います。

 

原作では、債務者中心の話からウシジマ側が中心の話にシフトしていっています。

 

ですので、映画とはまた違った面白さもあります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク