闇金ウシジマくんのサラリーマンくん編。

 

コミックスでは10巻から12巻です。

 

サラリーマンの金銭的に苦しい生活やその他のストレスがリアルに描かれていて、見ていて悲しくなってきました。

 

主人公の小堀も板橋のせいでひどい目にあい、板橋は最後にはウシジマに売り飛ばされて行きます。

 
スポンサードリンク



サラリーマンくん編のネタバレ

医療機器の営業をしているサラリーマン小堀。

小遣いが少ないため、昼食代もできるだけ安く済ませて「10円貯金♡」と言っています。

 

病院に営業に行くと、医師からは挨拶しても無視されます。

 

会社に戻ると上司からもネチネチと文句を言われます。

 

「キミ、後輩に食わしてもらっててハズかしくないの? ええ?」

 

後輩の戸越にも馬鹿にされます。

 

「小堀さん、オレが何でセールス1位かわかります?」「合コンも遊びじゃねーっつーの!」

 

家で休日に寝ていると妻からも文句を言われます。

妻も赤ん坊を育てていて疲れ切っています。

 

「私は休日なんてないのよ!」

 

四面楚歌状態の小堀。

 

小堀は、友人の板橋に連絡して飲みに行きます。

 

「会社で本音で話せるの、板橋とだけだよ。」

 

「ハハハ、俺もだよ小堀。」

 

板橋は小堀を闇スロに誘います。

 

高額なレートでパチスロが打てる違法な店です。

板橋は、そこでカウカウファイナンスのマサルから金を借りてパチスロを打ちます。

 

運よく勝った小堀は20万円を手に入れます。

 

スポンサードリンク

その後、小堀は板橋に頼まれて金を貸します。

 

板橋は、ウシジマのカウカウファイナンスから借りた金の返済に窮していました。

 

板橋は、ウシジマから言われて、マンションを借りる名義を貸します。

 

ウシジマは、このマンションを他の闇金業者に貸して情報提供料という名目で詐欺をし手稼いでいました。

 

ウシジマから名義貸しで得た金を闇スロや風俗で使う板橋。

 

すぐに金を使ってしまった板橋は、さらにウシジマから起業資金を借りる詐欺をするようにウシジマに持ち掛けられます。

 

小堀を勝手に保証人に仕立てて起業資金を借りる板橋。

 

板橋は、小堀の家から通帳や印鑑を盗み出して保証人として書類を作成します。

さらに金融機関との面接で小堀役が必要になった板橋は、知人の蛭谷に頼んで小堀役をやってもらいます。

 

板橋は、その後、蛭谷からも金を請求されるようになります。

 

この起業資金については、板橋が3回の返済をしなかったために詐欺ルートが潰れてしまいます。

 

このルートはウシジマの背後にいるヤクザの它貫によるものでした。

 

它貫は、板橋が医療機器の営業をしていることから医療機器の取り込み詐欺をさせてもうけようと考えます。

 

 

しかし、板橋はすでに会社を辞めてしまっていました。

 

ブチ切れする它貫でしたが、ウシジマが最後のチャンスとして板橋に小堀を使って取り込み詐欺をするように言います。

 

深夜の公園に小堀を呼び出した板橋。

 

小堀は、板橋からさんざんな目にあっていたにもかかわらず板橋を許します。

 

「もういいよ。お前も大変だったんだろ?」

板橋は、結局小堀に詐欺の話をすることなく、ウシジマに連れられてどこかに売られて行きます。

 

小堀は仕事を続け、少しずつうまくいくようになっていったようです。

 

おわり。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
スポンサードリンク