闇金ウシジマくんの「生活保護くん編」(コミックス24巻~25巻)のネタバレです。

 

実写版では、テレビドラマシーズン3の原作としても扱われていますね。

 
スポンサードリンク



 

安アパートで独り暮らしをしている佐古彰。

 

仕事もしておらず、携帯電話は止まっています。

 

食料もなくなって、やむを得ず役所の生活福祉課に生活保護の申請に行きます。

 

担当者は、生活保護を出すことはできない、実家に帰ってはどうかと言いますが、佐古は絶対に実家に帰りたくないと言います。

 

そこで興奮して大声を出す佐古。

ws000010

そのとき、脱糞してしまいます。

 

佐古は、胃腸が弱く精神的に追いつめられると下痢になってしまうのです。

 

帰り道、(死ぬか犯罪しかねえ)と思い詰める佐古。

 

パスモのチャージを払い戻して何とか生き延びる佐古。

 

図書館のパソコンでネット掲示板を見に行きます。

 

そこに書いてあったアドバイスで、NPO法人に相談に行く佐古。

 

NPO法人の男性がついていくとすんなり生活保護の申請が通りました。

 

喜んで牛丼を食べる佐古。

 

しかし、今度は孤独に対する不安が襲ってきます。

 

スポンサードリンク

佐古は、路上で見かけた女性を尾行して郵便受けを確認してその女性のツイッターをチェックするようになります。

ws000009

そして、ネット掲示板のオフ会で生活保護受給者のメシアとヌーベー、さらにノノアと女性と知り合いになります。

 

佐古はノノアがカウカウファイナンスから借りていた金を立て替えて佐古自身もカウカウファイナンスに借金を負うことになります。

 

さらに誰かの役にたちたいと考えた佐古は、ネットでみつけたDQN剛田の家を突き止めてネット掲示板にさらします。

 

剛田の迷惑行為を写真に撮ってネットにあげていく佐古。

 

剛田の迷惑行為はネット上で話題になり、剛田が通っている大学に連絡されます。

 

書き込みの犯人をみつけて「殺す」という剛田。

 

一方、メシアは、老人相手の企業を考え、佐古とヌーベーと三人で知人のNPO法人に研修に行きます。

老人のために雪かきなどをして小遣いをもらう佐古たち。

 

佐古はスカイプをあるおばあさんにはスカイプを教えて、ビデオカメラをもらいます。

 

研修から帰ってきた佐古は、NPO法人を立ち上げるための企画書を作って役所に提出しますが、取り上げてもらえません。

 

企画書がボツにされて発狂するメシア。

ws000008

メシアは佐古を通して研修で知り合ったおばあさんたちを騙す詐欺をします。

 

ある日、DQNの剛田は佐古の家を突き止めます。

 

佐古に無理やり嘘の投稿をしていたと言わせて録画する剛田。

 

さらに剛田は、佐古にうんこを食べさせたりします。

 

しかし、佐古はその様子を録画しており、ネットにあげます。

 

佐古は、メシアが詐取した58万円をおばあさんたちに返そうとして3年ぶりに実家に電話します。

 

ちょうど、佐古の父親が死んだ翌日でした。

 

ウシジマは佐古の取り立てに深夜の斎場におとずれます。

ws000007

このとき、佐古の兄が香典を渡して借金を完済します。

 

兄の話を聞いて父親が佐古のことを心配していたと知る佐古。

 

佐古は老人にパソコンを教える仕事をはじめ、メシアたちとも老人の家を回る仕事を始めます。

 

ここで生活保護くん編は終わりです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク