闇金ウシジマくんの洗脳くん編のネタバレです。

 

ドラマシーズン3の原作にもなっています。

 

スポンサードリンク

28歳の上原まゆみ。

 

彼氏はいるのですが、どうしようもない男で結婚をどうしようかと焦っています。

 

そこでいつも通っているのが占い師の勅使河原(てしがわら)。

 

まゆみはある日、占いに行く途中に神堂大道という男に出会って親切にされます。

ws000021

勅使河原には、その男が運命の人です、と占いで言われます(ちなみに神堂と勅使河原はグルです)。

 

それからまゆみの妹のみゆきのトラブルを神堂に解決してもらったりして、まゆみは神堂にひかれて行きます。

 

そして、神堂から交際を申し込まれて付き合うことになります。

 

仕事もうまくいくようになり、勅使河原のおかげだと思ったまゆみは、占いの方にものめりこんでいきます。

 

色々物を買ったり、儀式をしたり。

 

 

しかし、神堂はその裏で、妹のみゆきや、まゆみの母親の和子とも肉体関係を持ちます。

 

さらにはまゆみに大麻をすすめて吸わせ、それをカメラで撮影したりしだします。

 

態度が変わってきた神堂は些細なことを理由にまゆみにDVをするようになります。

ws000019

まゆみは、神堂のことで悩みますが、占いを信じていたことや、神堂がふだんは優しかったりするので精神的に神堂に依存してしまいます。まゆみは神堂から離れることができません。

 

神堂は今度はまゆみたちからお金をとろうとしてきます。会社の運営資金などなど理由をつけてきます。

 

さらに神堂はまゆみに友人にお金を借りに行かせたり、会社に行かせなかったりします。

そして、食べ物を与えないという仕打ちにまで出ます。

 

 

まゆみはある日神堂に言われて外出しますが、その際に携帯電話を落としてしまいます。

 

まゆみが自分の携帯に電話すると拾い主から、大麻を吸っている動画を見た、警察に行くかわりにある仕事を手伝うように言われます。

 

その仕事は、不気味な液体と何かの肉を捨てる仕事でした。

 

まゆみが神堂にその話をすると、神堂は「それは死体遺棄罪になる」と言ってきます。

 

神堂の要求はどんどん激しくなっていきます。

 
スポンサードリンク




妹のみゆきに自分のたちの関係がばれたと言い口止めに100万円を請求します。

 

みゆきはお金が払えずデリヘルで働くことになります。

ws000020

自殺未遂をしていたまゆみは病院から戻ってきますが、また神堂から拷問を受けるようになります。

 

また、神堂は、まゆみたち家族の関係も悪化させるように仕向けて行きます。

 

まゆみの父親を悪者に仕立て上げ、妹の夫のカズヤは父親を拷問したりします。

ws000016

そして、まゆみの父親は、神堂たちの拷問で死んでしまいます。

 

 

死体は家族で手分けして処理しました。

 

次に神堂はカズヤに狙いを定めます。

 

カズヤは食べ物に毒を入れられたり、電流の拷問を受けたりします。

ws000017

次は母親の和子です。

 

みゆきは神堂に言われて、和子の顔に油をかけて火をつけたりもします。

 

 

まゆみはウシジマに金を借りに行きます。

 

その際ウシジマに言われて妊娠検査をすると妊娠していました。

ws000018

ある日、みゆきをよく指名していたデリヘル客のやくざがやってきます。

 

和子が、ハンマーで殴り、神堂が刺して殺してしまいます。

 

この死体もみんなで処理します。

 

ウシジマは殺されたやくざに金をかしていたためそれを取り立てに神堂たちのアパートにやってきます。

 

この際ウシジマは警察へ行かない代わりに神堂たちから200万円をとっていきます。

 

しかし、その後結局、警察が介入して神堂たちは逮捕されます。

 

神堂は死刑。

 

まゆみとみゆきも懲役刑になります。

 

おわり。

 

 
スポンサードリンク