闇金ウシジマくんの神堂大道の結末、ネタバレです。

 

神堂大道は、闇金ウシジマくんの「洗脳くん編」に出てくる登場人物です。

 

コミックスでは26巻から28巻です。

 

闇金ウシジマくんのテレビドラマ、シーズン3では原作にされていますね。」

 

ドラマでは、神堂大道役は、中村倫也さんが演じていらっしゃいました。

 

神堂大道の結末についてはひと言でいうと「死刑」になります。

ws000020

 

以下、洗脳くん編のおおまかなあらすじです。

 

28歳の上原まゆみ(ドラマでは光宗薫さんが演じています)。

 

彼氏は甲斐性がなく、まゆみの友人と浮気していたりします。

 

結婚についてもどうしようかと思っているところ。

ws000019

たまたま知り合った神堂大道。

 

まゆみは信頼している占い師にも言われて神堂と付き合うようになります。

 

神堂はまゆみにプロポーズして二人は婚約します。

 

しかし、神堂はその裏でまゆみの母親と関係を持ったり、まゆみに大麻を吸わせているところを撮影して後々脅しの材料にしようとしたりしていました。

 

ある日、婚約指輪をつけていないことで神堂は激怒し、まゆみに暴行を加えてケガをさせます。

 

まゆみは婚約解消を考えますが、職場での世間体や母親から言われて思いとどまります。

 

その後神堂は優しい態度をとりますが、まゆみに元カレから電話がきたことで再び激怒し、真由美に暴行を加えます。

 

その後、神堂は豹変していき、まゆみやその家族を脅したり洗脳したりして自分のいうことを聞かせるようにしていきます。

 

神堂は、まゆみを半ば監禁して、水や食事を与え亡くなり、まゆみに親戚に電話して金を出させようとします。

ws000018

また、まゆみが大麻を吸ったことをネタにして死体遺棄を手伝わせてさらに脅迫したりします。

 

神堂は、まゆみの妹のみゆきとも関係を持っており、その関係を探偵に脅されていると言ってみゆきをデリヘルで働かせます。

 

まゆみは、心労から自殺未遂を起こしたりしますが、結局神堂からは逃げられず、まゆみの両親や義弟のカズヤも巻き込まれて行きます。

 

そして、まゆみやその家族は電気ショックの拷問を加えられるようになります。

 

神堂はさらに、義弟のカズヤがまゆみの父親に電気ショックの拷問をくわえるようにそそのかします。

 

そして、まゆみの父親は電気ショックの拷問で死んでしまいます。

 

家族みんなで父親をよみがえらせようとしますが、父親は死んでしまい、残った家族は死体の処理をさせられます。

 

さらに義弟のカズヤは食事に毒物を入れられるようになり、髪の毛が抜けて精神的にも廃人のようになってしまいます。

 

そんなとき、みゆきのデリヘル客だったやくざがやってきますが、これは和子たちが殺してしまいます。

 

その後、ウシジマたちもそこを訪れて、まゆみやみゆきの借金を回収しようとします。

 

ウシジマもみゆき達に襲われますが、逆に神堂に暴行を加えて、神堂からカネを回収します。

ws000017

そして、神堂のもとには警察がやってきて逮捕されます。

 

この事件は、北九州監禁殺人事件という事件が元ネタになっているそうで、実際の事件はもっとひどいものでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。