闇金ウシジマくん。けっこう怖いシーンがたくさんありますよね。

 

個人的にトラウマになりそうなシーンを集めてみました。
スポンサードリンク



 

売春させられるシーン

債務者女性が売春させられるシーンは、結構怖いです。

 

1巻ではパチンコで借金をして返せなくなった加山重子が出てきますね。

 

私の周りでも1巻を読んで「もう読みたくない」という人がけっこういます。

ws000024

 

あと、若い女くん編で売春して性病になり、シャブ中になっていく村田久美子の話も怖かったです。

 

パチンコがやめれない

パチンコがやめられない人もたくさん出てきますね。

 

第1話の主婦たちもそうですし、バイトくんの池田、フリーターくんの宇津井などもそうですね。

 

私もそういう時期があったので気持ちはよく分かります。

 

パチンコで負けたことよりも、やめられない自分に嫌気がさして恐怖を感じます。

ws000025

マサルの母親が脱がされるシーン

自分の母親が借金で風俗に行くって怖いですね。

 

マサルは、ずっとウシジマのことを恨んでいて、ヤンキーくん編で裏切り、ヤクザくん編で裏切り、逃亡者くん編につながるのですが、やはりこのことがずっと心の中にあったのでしょうね。

ws000026

その他危険なシーン

ヤンキーくん編で、マサルが愛沢にビニール袋をかぶせられて放置されますね。

 

このシーンも死んでいたかもしれない危険なシーンでした。

ws000027

また、ヤンキーくん編では、愛沢たちが一般のカップルを拉致して強姦します。

 

何の関係もないのにこういうことになってしまうのも怖いですね。

ws000028

 

一般のカップルが絡まれるという場面では、ホストくん編に出てくる鼓舞羅のシーンもありました。

 

スポンサードリンク

このとき、鼓舞羅は、無関係のカップルに絡んで、鼻水をカップルの服で拭いたり、ガムを吐きかけたり、女性に舌を出しながら近づいたりしていました。

 

家庭内の問題

あと、フリーターくん編では、もともと半分ひきこもりで家庭が崩壊していた宇津井家がどんどん崩壊していきます。

 

パチンコがやめられない息子、株で失敗して追証をとられる母親(しかも騙されている)、持ち家を失い、壁を殴って破壊する宇津井優一。

ws000029

このへんも恐ろしかったですね。

 

バットの振り下ろし

ヤミ金くん編の中学時代では、ウシジマが倒れている鰐戸三蔵の頭にバットを振り下ろします。

 

鰐戸三蔵は生きていましたが、普通は死ぬところですね。

 

あとヤミ金くん編では、鰐戸三蔵は誠愛の家の入居者の足首を切断していました。

 

映画のザ・ファイナルのほうがそのシーンが描かれていて怖かったです。

 

生活保護くん

生活保護くん編では、直接描かれてはいませんでしたが、主人公の佐古が、DQNの大学生剛田にうんこを食べさせられるところがありました。

 

これは気持ち悪かったです。

 

洗脳くん

洗脳くん編は、一番怖かったです。

 

実際に会った事件が元になっていることもあり、電気の拷問シーンや、死体を処理するシーン。

ws000031

なにより、精神的においつめられた家族の様子が恐ろしかったです。

 

ヤクザくん編

ここではいろいろな暴力が出てきました。

 

ハブが、パチンコ玉で井森の歯をへし折るシーン。

 

空き巣に入った家で、バールを振り下ろす家守。

 

鳶田の頭を回る拳銃の弾丸。

ws000030

そして熊倉の拷問。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク