闇金カウカウファイナンスの社長ウシジマくんは、うさぎを飼っていますね。

 

コミックス1巻の第2話で登場し、その後もたびたび登場します。

 

強面の金貸しであるウシジマにとってうさぎを可愛がっているシーンは、ギャップがあってかわいいですね。

最初の登場シーンでは、うさぎの檻がたくさんある部屋が描かれています。

 

どうもウシジマは一部屋はうさぎのために使っているようですね。

 

スポンサードリンク



著者が参考にした闇金業者がパピヨンを複数飼っていたという話がありますので、そこから設定として使っているのかもしれませんね。

 

ギャル汚くん編

ギャル汚くん編(コミックス4巻から5巻)では、ウシジマは逮捕されてしまいます。

 

このときは、弁護士に頼んでペットシッターに細かい指示を出してウサギの世話をしてもらっていました。

 

このときは、弁護士の話でうさぎが13匹いることがわかります。

13匹もウサギを飼っているってすごいですね。

 

ヤミ金くん編

ヤミ金くん編(コミックス18巻から20巻)では、ウシジマの中学時代が描かれており、ここでうさぎがウシジマにとってどういう存在なのかがわかります。

 

 

中学2年のときに転校してきたウシジマ。

 

クラスをシメている柄崎に反抗的な口をきいてリンチされることになります。

 

このときは、柄崎とは敵対関係にあったのですね。

 

その後、ウシジマはクラスの連中にひとりずつ仕返しをしていきます。

 

加納も柄崎もウシジマに呼び出されてボコボコにされてしまいます。

 

そして、さらに報復に来た柄崎たち、、、と思ったのですが、柄崎はウシジマに土下座してきます。

 

スポンサードリンク

柄崎の話は、「加納が鰐戸三兄弟に拉致されている」「拉致された理由はウシジマに加納がやられて鰐戸先輩の呼び出しに行けれなかったからだ」「だからその経緯を説明してくれ」というものでした。

 

 

ウシジマは、「一緒にケンカすんならつきあってやるよ」と言います。

 

柄崎は腹を決めて、ウシジマと一緒に鰐戸三兄弟のところにケンカに行くことにします。

 

鰐戸三兄弟の三蔵は、かなり危険な人物とされており、ウシジマはうさぎを友人の竹本に預けます。

「竹本、俺の母さんが大切にしていたうさぎ、ちょっと面倒みてくれねーか?」

 

このときはうさぎは一匹です。

 

名前は「うーたん」でした。

 

このあたりのやりとりでウシジマの境遇が少しわかります。

 

 

推測ですが、ウシジマは母親とくらしていたようですが、何らかの理由で母親が亡くなり、母親が大切にしていたうさぎと一緒に祖父の家にやってきて、転校もしてきていたようです。

 

祖父は酒を飲んで寝て、暴言を吐いていました。

 

「妾のガキがエラソーなコト言ってんじゃねーぞ!」と言っていました。

 

つまりウシジマの父親は別の家庭をもっているようです。

 

ヤクザくん編

ヤクザくん編で暴力団の抗争に巻き込まれたウシジマ(というかウシジマが原因で抗争になったのですが)。

ハブ組に拉致された加納を助けにいくためにウサギのことを高田に託します。

 

「俺に何かあったら兎飼ってくんね? 兎を変えなくなる事態になったら自分の手で始末するつもりだったけど、無理だったわ。」

 

高田はうさぎを預かり、最終章「ウシジマくん編」でもウシジマが高田に電話して兎の安否を確認していました。

 

最終章でウシジマくんとうさぎたちはどうなるのでしょうか。

 

連載が楽しみです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク