闇金ウシジマくんの「出会いカフェくん編」(コミックス13巻)。

 

実写版の原作にも使われています。

 

映画パート1では大島優子さんが出会いカフェくん編の一部を演じていました。

 

スポンサードリンク




また、ドラマシーズン3でも原作として使われていました。

 

以下、出会いカフェくん編のあらすじ、ネタバレです。

 

 

 

高校を卒業したけど、母親の働いているスナックで週末にバイトするだけのミコ。

ws000056

 

友達のフユミに出会いカフェに行ってお金を稼ごうと誘われますが、いったん断ります。

 

しかし、家の前にいたウシジマから母親の借金の利息を回収されて、出会いカフェに行くことにします。

 

ミコは、出会いカフェで男性と外出してお金を稼具ようになります。

 

売春を持ちかけられることもありますが、それは断っていました。

 

男性側も食事とお金だけが目当てとわかると態度を豹変させて、ミコを侮辱します。

 

しかし、ミコは出会いカフェでお金を稼ぐことを続けて行きます。

 

ある日、ミコのもとに幼馴染の男友達「アキト」から電話が入ります。

 

「JPが少年院から帰ってきた」

ws000055

JPはミコの元カレで、美人局をした相手をボコボコにして少年院に入っていました。

 

そして、アキトの話では、JPは自分を警察にチクった奴を捜しており、ミコとアキトを疑っているということでした。

 

JPはアキトの下へ行き、さらにたまたま通りかかったフユミも一緒になります。

 

フユミとアキトにジッポーオイルをかけて火をつけようとして笑うJP。

 

そこに、先輩から呼び出しの電話がかかって来ます。

 

JPは、アキトとフユミをコンテナに閉じ込めて携帯を奪い、先輩に会いに行きます。

ws000054

先輩の話は、JPがシメたホストについて3000万円払うか暴力団に入るか選べという内容でした。

 

ヤクザになってこき使われるのを嫌ったJPは、3000万円用意する、と言います。

 

JPは、アキトの携帯のメールを使ってミコと合流します。

 

3000万円用意するのに協力するように言われたミコは、出会いカフェであったある客のことを思い出します。

スポンサードリンク

 

その男は「K」という男で、「ある勝負」に勝って大金を手に入れたと言っていました。

 

ミコとJPはKを呼び出します。

 

Kに連れられて行った先は、都心の高級ホテルでした。

 

そこには、マスクをかぶった4人の男がいて、何かを賭けて勝負に勝てば、2000万円を出す、と言います。

 

男たちは、暇を持て余した富裕層たちだということでした。

 

ミコは、負けた場合には他人の代理母になることを条件に勝負を持ち掛けられます。

 

しかし、3000万円が必要なJPは、負けた場合には目を失明する条件でもう1000万円を掛け金に上乗せしてもらいます。

ws000053

勝負の内容は、妊娠したと言う理由で金を無心するメールを5人に送り、2時間以内に20万円借りれるかというものでした。

 

ミコはまず、ウシジマにメールして5万円を借りる了解を得ます。

 

その他の友達は貸してくれませんでしたが、最後にミコはアキトにメールしようとします。

 

しかし、JPは自分がアキトの携帯を奪っていることを話します。

 

やむを得ず、Kがアキトとフユミのいるコンテナに行くことになります。

 

 

コンテナを開けるとアキトは、意識を失っていましたが、フユミは金を貸してくれました。

 

売春しているフユミは、自分の妊娠リスクを考えてミコに金を貸すことにしたのです。

 

ミコは、アキトのために救急車を呼んでくれと言い、富裕層の男たちは面倒を嫌って救急車を呼ぶならこの勝負は無効だと言います。

 

救急車を呼ぶことを選択するミコ。

ws000052

富裕層たちは立ち去ります。

 

しかし、JPは男たちを追い、ナイフで彼らを刺します。

 

その後ミコは、ファミレスでバイトしてウシジマの借金を返します。

 

ミコは、お金を稼ぐのが大変だということを学んだと言います。

 

 

おわり。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク