闇金ウシジマくんの主人公丑嶋馨。

カウカウファイナンスの社長で、10日で5割の金利で金を貸し付けて容赦なく回収する闇金社長。

 

どういう過去なのかが気になりますね。

 

スポンサードリンク




従業員の柄崎や加納と同級生であること、柄崎は丑嶋馨にほれ込んでいることなどはちょこちょこでてくるのですが、、、

 

 

それが一定程度明らかにされたのが「ヤミ金くん編」です。

 

コミックスでは、18巻~20巻です。

 

簡単にヤミ金くん編のあらすじをいうと(ネタバレです)、

 

カウカウファイナンスに丑嶋の同級生の竹本が金を借りに来ます。

 

竹本はホームレスをしていて、その後、鰐戸三兄弟が運営しているホームレスを集めて搾取する施設に入居してしまいます。

ws000015

竹本やその施設に入居している連中からカネを回収しようとする丑嶋。

 

他方で丑嶋に対して因縁のある鰐戸三兄弟は、丑嶋の金を奪おうと計画します。

 

その中で、中学時代の丑嶋が描かれます。

 

鰐戸三兄弟との因縁はもちろん、柄崎や加納も登場します(おまけにギャル汚くん編で登場した豚塚もちょっと出てきます)。

そして、その中で丑嶋の過去がある程度明らかになります。

 

ヤミ金くん編の中学時代のネタバレ

中学2年で転校してきた丑嶋(なお、丑嶋は小学校のときは同じエリアに住んでおり、一度転校して戻ってきたようです)。

 

ヤンキーの柄崎に反抗的な口をきいたため、クラスの男子からリンチを受けます。

このとき竹本だけはリンチに参加しなかったため丑嶋は竹本に関しては好意を持っています。

 

丑嶋は入院しますが、退院するとクラスの連中に一人ずつ復讐をしていきます。

 

阿部をボコボコにして井上の住所聞き、井上もボコボコにされてクレーンで吊るされます。

 

井上には加納を呼び出させ、現れた加納の顔面にとび膝蹴りをくらわせます。

ws000014

加納に柄崎を呼び出すように言いますが、加納は拒否します。

 

馬乗りになって石で殴りまくる丑嶋。

 

結局加納の携帯電話を使ってショートメールで柄崎を呼び出します。

 

柄崎は丑嶋の不意打ちから一方的にやられてしまい、最後には電球を口に入れられて殴られ悲鳴を上げます。

 

その後、丑嶋を襲いに来たかに見えた柄崎たちでしたが、柄崎は丑嶋に土下座して助けてくれと言います。

 

丑嶋が加納をボコボコにした日、加納は先輩の鰐戸三蔵から呼び出しを受けていた。

しかし、丑嶋にやられたために行けなくなり、鰐戸三蔵をはじめとする鰐戸三兄弟に加納は拉致られていた。

柄崎は、丑嶋に会って鰐戸三蔵に事情を説明してくれというのだった。

スポンサードリンク

丑嶋「ばっくれたぐれーで何ブルってんだよ?」

ws000013

柄崎「お前は鰐戸先輩を知らねーから言えんだよ! 鰐戸三蔵の恐ろしさをよ。」

 

丑嶋は柄崎に「鰐戸とケンカすんならてめーに付き合ってやるよ」と言います。

 

丑嶋と柄崎は鰐戸のところに行く前に、柄崎の家に寄ります。

 

柄崎の家で食事をご馳走になる丑嶋。

 

柄崎母「丑嶋くん。また食べに来てね」

 

柄崎に、「母ちゃんに会わなくていいのか?」と聞かれ「もう母ちゃんいねーし」と応える丑嶋。

 

柄崎と丑嶋は、今度はウシジマの家によります。

 

安アパートの一室。

 

布団で寝ている丑嶋の父親は酒を飲んで何かを叫んでいます。

 

ws000012

「ぐおおおお!! 許さんぞ! 許さんぞ!」

 

部屋の中は酒の空き瓶が散らばっています。

 

部屋を片付ける丑嶋。

 

父親はクソをもらしています。

 

丑嶋「パンツくれーてめーで履き替えられねー奴は死ねよ」

 

父親は「妾のガキがエラソーなこと言ってんじゃねえぞ!」と言います。

 

部屋の隅にはカゴに入ったうさぎがいます。

 

丑嶋はそれをもって出て竹本に電話をかけてうさぎを預けます。

 

丑嶋はそのうさぎを「オレの母さんが大切にしていたうさぎ」だと言います。

ws000011

そして、鰐戸との戦いに出向く柄崎と丑嶋。

 

丑嶋は警察官が来てもかまわず鰐戸をバットで殴ります。

 

まとめ

 

丑嶋馨の過去については、

①母親は中学時点でいなかったこと。

②妾の子であるということ。

③うさぎは母親がかわいがっていたものであること。

などがわかります。

はっきりわかりませんが、愛人だったお母さんが産んだ子が丑嶋馨で、母親が亡くなったことで、父親(その時点では飲んだくれになっていた)のもとに引越してきた(転校してきた)ということでしょうか。

 

もし機会があったらお金に関する過去の話とかも見てみたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク