闇金ウシジマくんの主人公、丑嶋馨。

 

その強さはどんなものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク




漫画の中で丑嶋馨の強さが見れるシーンを検討してみました。

 

まずは第一巻で丑嶋馨が上半身裸になっているところです。

ws000000

 

かなり筋肉がありますね。

 

闇金狩りくんで支払いを無視した債務者をボコる丑嶋馨。

かなり迫力ありますね。

ws000001

 

 

 

2巻の「ヤンキーくん編」で愛沢とにらみ合うシーン。

このときは愛沢が「まあいいや。」と言って引きました。

ws000002

愛沢は「ヤンキーくん編」の最後で滑川秀信にトラックの前に飛び込むように強制されます。

トラックに飛び込む直前、愛沢は回想します。

「今、思い出した。地元で頭めがけて金属バットをフルスイングできる奴は二人しかいなかった。、、、、滑川と丑嶋。、、、奴らは別世界の人間だ。」

 

 

「ギャル汚くん編」(コミックス4巻~5巻)では、丑嶋馨はギャル汚の地元の先輩石塚こと「豚塚」や、肉蝮と対決します。

 

豚塚はギャル汚のジュンにたかりにきたのですが、丑嶋がいるのを見て帰ろうとします。

たまたま鉢合わせてしまいしょうがなく丑嶋に喧嘩を売りますが、相手にされませんでした。

 

また、強盗殺人をしていると言われる肉蝮に対しては、車で轢いたうえ(これは柄崎が運転)、肉蝮の腕に飛び降りてへし折ります。

ws000003

肉蝮は結局丑嶋薫に睨まれて「わかった。やめろ。もうやめとけ。」と言います。

「あのメガネ、、、本気でやる気だった、、、」

スポンサードリンク

「フーゾクくん編」(5巻~7巻)では、沼田にナイフをしまえ、といいつつカッターナイフを一瞬で沼田の眉間に突き刺します。

 

「楽園くん編」(16巻~17巻)では、シャブの卸売りをやっているやくざの飯匙倩(ハブ)と対決します。

オサレエンペラーの中田広道に金を貸しに来た丑嶋。

ハブは丑嶋の顔すれすれにナイフを突き出します。

「へー、お前つよいんだなあ、、、顔面攻撃でまばたきしねえーのすごいじゃん」

丑嶋は次の瞬間ハブの顔面にパンチを入れます。

ws000004

かなり早いパンチをまっすぐに正確に顔面に入れているように見えます。

これは格闘技経験がないとこうはならないのでは? と思わせますね。

ちなみに、このときはハブはやくざの兄貴分から連絡が入り、立ち去りました。

 

そして、「ヤミキンくん編」(18巻~20巻)では、丑嶋の過去が描かれます。

転校してきてリンチを加えられた丑嶋。

退院してから一人ずつ報復を加えて行きます。

阿部はいきなり殴られボコボコにされます。

その際、丑嶋の筋肉を見てビビります。

井上はクレーンでつるし上げられ、

加納はいきなり飛び蹴りを食らいます。

ws000005

これだけ打点の高い膝蹴りを素早く入れるのもただ喧嘩が強い、というだけには思えませんね。

そして、格闘技経験のある柄崎も不意打ちのパンチからドロップキック→ ヘッドロックでボコボコにしてしまいます。

柄崎はこの時電球を口に入れられて殴られて悲鳴をあげます。

さらに丑嶋は警察官の前で鰐戸三蔵をバットで殴ります。

「柄崎。やれるときは徹底的にやれ。じゃねーと全部とられちまうぞ。」

 

「元ホストくん編」ではホスト店のケツモチの鼓舞羅(コブラ)という危険な男が出てきます。

しかし、丑嶋と鼓舞羅は直接のケンカというのはほとんどなく、丑嶋の罠にはまった鼓舞羅は滑川秀信たちに射殺されてしまいます。

 

「洗脳くん編」では、神堂のアジトに取り立てに行き、包丁やハンマーを持った上原家族に襲われます。

このときも攻撃をかわして神堂を締め上げました。

ws000006

まとめ

丑嶋馨の強さというのは現在では、はっきりとしたタイマンのようなケンカはありませんが、ところどころでやはり強いというのがわかりますね。

特にハブへのパンチはタダものではない! という感じがします。

そして、中学生時代の丑嶋は相当強いですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク