闇金カウカウファイナンスを営んでいるウシジマ。

 

債務者のどうしようもない生活だったり、過酷な取り立てを描いている漫画です。

 

(後半は、金の貸し借りというよりヤクザが絡んでくるウシジマを中心にしたストリーへシフトしていきます)。

 

スポンサードリンク




さまざまな債務者の転落ぶりがリアルに描かれていて衝撃的でした。

 

一番最初に出てくる主婦の加山重子はトイレでパチンコ店の客に性的なサービスを提供することになります。

 

 

加山重子

記念すべき闇金ウシジマくん第一話。

 

高田が入社してきて、高田の視点から闇金業の内容が明らかになっていきます。

 

パチンコがやめられなくなった主婦の加山重子。

ウシジマにまた金を借りに来ます。

 

「あらら、加山さん。朝の3万もうパチンコでスッちゃったの? わりーけどあんたにゃもう貸せねーよ」

 

加山重子は「あと1万入れれば絶対出るんです」と言います。

 

ウシジマは旦那のところに行くと言いますが、加山重子は「カンベンしてください!」と言います。

 

加山重子は離婚慰謝料の件で夫とは裁判中だそうです。

 

ギャンブルでの借金がばれれば裁判で不利になってしまいます。

 

「お願いです! なんでもしますから!」

 

ウシジマは知人女性のアケミのもとへ加山重子を連れて行きます。

 

アケミはパチンコ店内で買っている客に声をかけて加山重子に口淫させて回ります。

 

男子トイレの個室の中、、、

「無理です、、、できません。」

 

「早くくわえろ。」

 

結局、加山重子は金をもらって行為をします。

 

スポンサードリンク




その後、うがいをする加山重子。

 

他にも行為をしていき、本番行為もしている様子です。

 

金を得た加山重子はウシジマのもとへ返済にやってきます。

 

加山重子は顔がとても濃くなっています。

 

ウシジマはさらに加山重子に関して弁護士から情報を得ます。

 

「慰謝料は400万くらい入る予定ですよ。」

 

ウシジマは売春ネタで加山重子を脅して、その400万円も奪おうとします。

 

家に帰った加山重子。

 

子供が待っています。

 

「お母さん、おかえり。」

 

加山重子は子供を抱きしめて泣きます。

 

(ごめんね。ごめんね。もうパチンコやめるからママを許してね、、、、)

 

しかし、、、、

 

翌日、加山重子はまたパチンコ屋へ向かいます。

 

ウシジマは言います。

 

「同情に値する人間なんて一人もいねえ」

 

映画ウシジマくんのトイレシーン

ちなみに映画ウシジマくんパート1の中では、ギャル汚くん編(コミックス4巻から5巻)が原作に使われています。

この中では、イベントサークル「バンプス」を成功させようと小川純(ジュン)という男が奔走します。

 

そして、バンプスのメンバーの尚也が下手を打ったため肉蝮という危険人物に目をつけられてジュンが抱えるトラブルが増えてしまいます。

 

尚也の下手うちは、女性を強姦して肉蝮からその報復を受けるというものでしたが、映画の中で尚也はトイレで強姦していました。

 

このとき強姦された女性を演じていたのは友田彩也香さんでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク