闇金ウシジマくんにはいろいろなヤクザが出てきます。

 

基本的に、ウシジマは債務者や半グレの連中に強いのですが、ヤクザにだけは逆らわないようにしていますね。

 

ビビっているというよりは、関わったり反抗したりするとヤバい、面倒くさい、というスタンスなのだと思います。

 

スポンサードリンク



熊倉

まずは、熊倉義道です。

コミックス2巻から登場し、その後も何度か登場してきますね。

 

ウシジマのカウカウファイナンスのケツモチのヤクザということになっています。

 

いつも金を要求してくるのでウシジマも心の中で文句を言っています。

 

2巻では、300万円を要求してきて結局ウシジマは払わされたようです。

 

また、元ホストくん編(コミックス23巻)では、新米200キロを買えと迫ってきます。

 

このとき、鼓舞羅にやられて熊倉は大けがを負います。

 

そして、その後のヤクザくん編では、勝手に動いてハブに拉致されカマを掘られた上にウシジマに殺されるという悲惨な最期を迎えます。

 

滑川

滑川は、ウシジマくんの中でも重要なキャラクターですね。

 

熊倉の弟分として当初2巻で登場します。

このとき、ウシジマに「カネをパカパカ持ってこいや!」と絡んできます。

 

その後、熊倉が鼓舞羅にやられたときは鼓舞羅を射殺していました。

 

ヤクザくん編では、ハブに狙われたウシジマを守るために抗争に巻き込まれます。

 

そして、最終章では熊倉を殺したウシジマに3億円を要求してきています。

 

スポンサードリンク

ちなみに、ヤミ金くん編の中学時代でも戌亥が「この街で絶対に逆らっちゃマズイ」3人の一人として当時モンスター連合総長だった滑川の名前を挙げていました。

 

最終章では、熊倉亡き後新宿で羽振りの良い生活をしており、滑川の背景も明らかになっていくかもしれませんね。

 

ハブ

楽園くん編(コミックス16巻から17巻)で初登場します。

 

原宿でシャブをさばいており、楽園くん編の主人公中田広道はハブの下でシャブの売人をしていました。

 

また、衣料品店をする人たちに起業資金を貸して利益を搾り取ったりする業務も行っているようでした。

 

ハブは、起業資金をゴトという男が持ち逃げしたことから中田を拷問します。

 

このとき、中田の家でウシジマと鉢合わせ、ウシジマはハブを殴ってしまいます。

 

その場は、大きなトラブルになりませんでしたが、ハブはこのことをずっと恨んでいました。

 

そして、ヤクザくん編につながっていきます。

ヤクザくん編ではウシジマに報復しようとするハブとウシジマを守ろうとする滑川がぶつかります。

 

滑川の子分が拳銃で撃たれるなどし、最終的にウシジマはハブのアジトに乗り込んでガソリンを爆発させるなどしてハブたちを殺しました。

 

ウシジマもヤクザには気を付けているようですので、ハブがヤクザだと分かっていれば殴ったりしなかったかもしれませんね。

 

結果的にウシジマは逃亡生活に入ることになります。

 

その他

滑川と熊倉の系列で上には鳩山や猪背がいます。

 

また、その系列の組には、豹堂という武闘派らしきヤクザもいます。

ヤクザくん編では、鳩山は藪蛇組との抗争に備えて豹堂に準備をさせていました。

 

豹堂は、熊倉の三回忌で滑川と話すシーンがあり、今後何らかの役割を果たすのではないかと思います。

 

まとめ

当初、ウシジマくんは、債務者中心としてストーリーが多く、熊倉や滑川はその周辺にいるキャラクターという感じでした。

 

しかし、ヤクザくん編からは債務者ではなく、ウシジマや関わるヤクザなどを中心にしたストーリーにシフトしてこれまで登場していたヤクザも中心的な役割を担うようになっています。

 

債務者の悲惨な話というのも面白かったのですが、今はヤクザの絡んだ緊張感のある話もとても面白いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク