闇金ウシジマくんの「ヤクザくん編」のネタバレです。

 

コミックスでは33巻から36巻です。

 

この前のフリーエージェントくん編までは(短編の復讐くん編を挟みますが)、直接丑嶋が関わってくるという話はあまりなかったのですが、ヤクザくん編からは丑嶋自体が事件に絡んできて、その流れが逃亡者くん編までつながっていきます。

 

マンガとしても佳境に入ってきたところですね。

 

以下、ヤクザくん編のネタバレです。

 

 
スポンサードリンク




 

 

カウカウファイナンスの従業員の加納が、丑嶋に「仕事を辞めさせてください。」と言ってきます。

 

女が妊娠してカタギの仕事をしようと思ったためです。

 

それを承諾する丑嶋。

 

そこに猪背組のヤクザ、滑川から電話が入り、丑嶋は呼び出されます。

 

滑川は、丑嶋が藪蛇組系のヤクザ、ハブ(楽園くん編参照)に狙われていると聞き、丑嶋に猪背組に入るように言います。

ws000057

そして、滑川は無理やり拳銃を丑嶋に預けます。

 

一方、丑嶋を狙うハブたち。

カウカウファイナンスの従業員だったマサルは丑嶋を裏切ってハブたちと接触しています。

 

 

兄貴分の熊倉に丑嶋の件を片を付けるように言われた滑川は、丑嶋を守るために子分の鳶田と梶尾を連れてカウカウファイナンスに向かいます。

 

ハブは子分の井森と獏木を連れてカウカウファイナンスへ行き、丑嶋を連れ去ろうとします。

 

そこに、兄貴分の熊倉に言われて丑嶋を守りに来た滑川とその子分2人が遭遇します。

 

 

滑川「ウチの人間を勝手に連れ出さないでもらえますか?」

 

にらみ合う滑川とハブ。

ws000056

そのとき、獏木が鳶田を拳銃で撃ちます。

 

丑嶋はとっさに獏木の頭をコンクリート柱にぶつけ、梶尾が車に乗って井森をひきます。

 

車に乗ってその場を離れる丑嶋と滑川たち。

 

滑川はすぐに熊倉に連絡してハブと衝突したことを伝えます。そして、組の本部に連絡を入れるように頼みます。

ws000055

一方、マサルはハブの子分の家守と共にカタギになっていた加納のもとを訪れて加納を拉致します。

その際、マサルたちは、加納が丑嶋からもらった金も持って行きます。

 

 

ハブたちは加納を拷問して丑嶋をおびき出そうとしますが、丑嶋は応じません。

 

丑嶋は家守に言います。

「加納を殺したら、お前もハブも全員殺す」

 

スポンサードリンク

 

他方で熊倉は、組の上部に連絡をあげずに一人でハブと交渉します。

 

ハブが1億円を熊倉に払い、丑嶋をハブに引き渡すと交渉します。

 

ハブはこの話を飲むふりをして熊倉を拷問部屋に拉致します。

 

そして、ハブは熊倉を裸にして縛り上げ、手下の最上にカマをほらせます。

 

その後、ハブたちは熊倉を拷問して丑嶋の居場所を吐かせます。

ws000054

ハブたちマサルと最上を拷問部屋に残して丑嶋の下へ向かいます。

 

 

丑嶋は、ハブたちとは入れ違いに加納を救うためにハブたちの拷問部屋に向かっていました。

 

その間、最上が離れたすきに熊倉はマサルに自分を解放するように話します。

 

「マサルくん。あなた利用だけされてハブにやられちゃいますよ? ヤクザにはヤクザの考え方がよくわかる、、、」「

 

今すぐ、最上をぶっ飛ばして金庫の金を奪って逃げるんだ!」

 

「マサルくんのことは若琥会が総力を挙げて守ります!」

 

「私の縄をほどいてくれないか!?」

 

 

考えた末、マサルは最上を鉄パイプで殴り、金を奪い、熊倉を解放して逃亡します。

ws000053

 

解放された熊倉は、自分がカマを掘られたことを知っている加納の首を絞めて殺します。

ついでにマサルに殴られて倒れていた最上も殺します。

しかし、拷問のダメージで動けない熊倉。

 

 

そこに丑嶋がやってきます。

 

一方ハブたちは、熊倉が吐いた丑嶋の隠れ場所に行きましたが、すでに入れ違いになっていて丑嶋はいません。

 

そのまま、拷問部屋に戻ってきました。

 

丑嶋を見つけたハブは、丑嶋を射殺しようとします。

 

しかし、丑嶋は用意していた大量のガソリンに引火させてハブを焼き殺します。

ws000052

さらに丑嶋は獏木も射殺します。

 

そして、加納を殺したのが熊倉と気づいた丑嶋は熊倉も射殺します。

 

(肉蝮がここにやってきて、丑嶋は肉蝮の頭をスタンガンでたたき割ります)。

 

 

滑川に電話する丑嶋。

 

滑川は「すぐ来いや!」と言いますが、殺されるかもしれないと考えた丑嶋は、柄崎と二人でガラをかわすことにします。

ws000051

ヤクザくん編はここで終わりです。

 

次は逃亡者くん編へと続いて行きます。

 

熊倉を殺したことは、猪背組にはわかっていないでしょうが、丑嶋をめぐってこれだけの大事件に発展した以上、丑嶋も東京に戻って無事でいられるとは思えません。

 

逃亡したのは正しい判断ですね。

 

しかし、こうなると今後丑嶋はこれまでのように闇金業をしていくのは難しそうです。

 

マンガ全体の方向がきになりますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 
スポンサードリンク