「闇金牛島くん」は間違いで、マンガのタイトルは正しくは「闇金ウシジマくん」ですね。

 

 

さらに主人公はウシジマカオルですが、感じで書くと「丑嶋馨」です。

 
スポンサードリンク



なかなか難しい漢字ですね。

 

 

闇金ウシジマくん

 

闇金ウシジマくんは、2004年からビッグコミックスピリッツで連載されている漫画作品です。

 

作者は、真鍋昌平先生です。

 

真鍋先生の漫画には妻夫木聡さん主演で映画化されたスマグラーなどの作品もあります。

 

闇金ウシジマくんは、現在コミックス38巻まで出ていて、ドラマはシーズン3まで放送され、映画もパート4(ザ・ファイナル)まで作成されている大人気作品です。

 

作品内容

闇金ウシジマ君の内容は、丑嶋馨が経営する闇金会社カウカウファイナンスが絡んだ、金を借りる人たちがメインのストーリ―でした。

 

「○○くん編」と言う形でエピソードが明確に分けられています。

 

ただ、エピソードの中には、債務者中心のものだけでなく、丑嶋やカウカウファイナンスの従業員がメインのものもあります。

 

現在連載中の最終章は「ウシジマくん編」となっていて、ウシジマくんそのもののエピソードになっています。

スポンサードリンク

 

エピソード

エピソードには、色々ありますが、

 

パチンコがやめられない主婦の話、見栄を張ってお金がかかるOLの話、フリーターやニートなどが主人公の話などがあります。

 

ほとんどの作品で主人公たちは、借金を始めて転落していきます。

 

例えば、若い女くん編では、OLの女性がムリをして借金をし、返済のために風俗で働きだし、性病になり、覚せい剤中毒になり、最終的にガリガリになって頭もおかしくなるという転落が描かれています。

 

また、ギャル汚くん編というエピソードでは、イベントサークルを作って大きくすることでのし上がろうとする主人公がその過程で金をめぐるトラブルに巻き込まれて転落するというものです。

ws000026

楽園くん編でも、ファッションモデルとしてのし上がっていこうとするが、失敗する若者が描かれています。

 

また、洗脳くん編では、北九州監禁殺人事件をモデルにし、殺人や拷問に関わっていく様子が詳細に描かれています。

 

さらに、フリーエージェントくん編では、ネットビジネスの与沢翼さんをモデルとしたネットビジネスの世界が描かれています。

 

 

 

また、ウシジマやカウカウファイナンスの従業員を中心としたエピソードもあります。

 

ヤミ金くん編では、ウシジマや従業員の同級生たちの中学時代が描かれます。

 

ホストくん編から元ホストくん編にかけては、従業員の高田のエピソード。

 

そして、ヤクザくん編からは、完全に債務者ではなくウシジマ側を中心とした話になっていき、ウシジマを中心としたヤクザ抗争が描かれます。

ws000025

その後に続く逃亡者くん編では、沖縄に逃亡したマサルとウシジマのエピソードが描かれます。

 

そして、最終章ウシジマくんにつながっていきます。

 

 

まとめ

闇金ウシジマくんは、「読んで嫌な気分になる」と言って読まない人もたくさんいると思います。

 

その通り、単に楽しいだけの漫画ではありません。リアルに厳しいことや怖いことも書かれています。

 

個人的にはだからこそ、呼んでみるべきだと言うのはありますが、その前にやっぱり「すごく面白い」です。

 

合う合わないはあると思いますが、興味のある人はぜひ一度読んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク